音名と階名

音楽理論 準備編

1 絶対表記と相対表記

「C」や「E」といった音の表記は、鍵盤上の具体的な位置を示す「絶対的な表記」の一種です(オクターブの高低は明示されませんが)。しかし、音楽理論を論じるにあたっては、絶対表記というのはあまり役に立ちません。

たとえば「Cメジャーキー」において「C音」は中心となる音、すなわち「中心音」でした。とても大事な、リーダーの音です。でも「Eメジャーキー」だったら、「C」にはシャープが付くのが基本ですから、普通の「C音」の出番はとても少ない。全然リーダーなんかじゃなくなっちゃうのです。

Eメジャースケール

そして音楽理論の基盤はキーありきで、具体的にCの音とかFの音とか言うよりも、「中心の音」「中心より1個下の音」みたいな「キーの中での相対的な位置」が論のかなめになります。だから絶対表記しかない今の状況だと、ちょっとこれから先を進んでいくには心許ないのです。

「中心音」みたいな言い方

そこへいくと、「中心音」という言葉はすごく便利です。これはキーが何であろうと、「そのキーの中心の音」を指す、相対的な命名ですよね。

この「中心音」という言葉のおかげで、キーがどうとかいう具体論抜きで、「中心音に至ると着地感がある」みたいな話をすることが出来るようになりました。だったら同じように、全ての音に「相対的な名前」を用意してあげた方が後々便利ではないでしょうか。それを紹介するのがこの回です。

2 相対的な表記

相対的な表記というのはいくつかありますが、まず日本語のものから紹介します。

音の名前

これはCメジャーキー(ハ長調)を例にした場合です。この命名法においては、中心音は「主音Tonic/トニック」と呼ばれます。どちらで呼んでもさしたる違いはありませんが、「導音」「属音」といった言葉と併せて使う場合には、「主音」という言葉を使った方が統一感があります。1

それで主音の上の音は「上主音」、そのさらに上は「中音」と名前が振られていくことになる。だから、CメジャーキーにおいてE音は「中音」と呼ばれていますが、「Eメジャーキー」の曲においては、今度はそのE音がリーダーに据わることになるので、E音は「主音」と呼ばれることになる・・・そんな具合です。

3 英語の呼び名

これらの日本語名は、本来あった英語名を直訳したものになっています。

音名(英語版)
日本語 英語 フリガナ
主音 Tonic トニック
上主音 Supertonic スーパートニック
中音 Mediant ミディアント
下属音 Subdominant サブドミナント
属音 Dominant ドミナント
下中音 Submediant サブミディアント
導音 Leading Tone リーディング・トーン

ただし「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」の3つは、コード理論用語として別の意味でも使われていて、そしてそちらの方が圧倒的によく使われます。ですからこの音名については、みだりに英語を使うより、普通に日本語を使ってあげた方が安心です。

導音(リーディング・トーン)」という言葉はもう少し広義の意味に使われる時もありますが、特に何の断りもなくこの語が使われた場合、原則的にはこの「主音の半音下の音」という意味になります。2

4 音度名

とはいえ、どの名前もけっこう長ったらしかったり、覚えにくいです。このようなまどろっこしい名前を使わず、単に「第i音」「第ii音」とローマ数字をあてる呼び方もあります。

数字名

こんな風に、音階に対してあてられた数値を音度Degree/ディグリーといいます。「Degree」は「度合い、程度」を意味する英単語ですね。シンプルなマイナンバー制で名前の暗記がいらないのはメリットです。

5 音名と階名

ただ、それでもまだまどろっこしいですよね。せっかく慣れ親しんだドレミファという言葉があるのに、「第i音、第ii音・・・」とか言われましても、ちょっと・・・という感じです。

そこで、こういう便利な考え方があります。キーがどこだろうと、とにかくリーダーになっている主音のことを「ド」と呼ぶのです。例えばさっきのEメジャーキーだったら、各音をこう呼びます。

移動ド

Eメジャーキーでは、E音がリーダー。そしたらこのE音をドと呼ぼうじゃないかと。もうリーダーといったらド。ドといったらリーダーの意味なのだと。この「キーの中心音をドと呼び、そこから順番にドレミと呼んでいく」という相対形式の呼び名のことを、階名といいます。また海外ではこの呼び名やシステム全体を指してソルファSol-faとかソルミゼーションSolmizationなどと呼ばれ、各音に振られた名前は「シラブル」と呼びます。

どんな調であっても中心音を「ド」と呼ぶことになるので、実はこのシステムは中心音に対する感覚を養うのにすごく適した方式でもあります。このサイトでも、断りなく「ドレミ」の表現が出て来たら、それはつまり中心音をドと呼んでいるのだと思ってください。

音名と階名

ちなみにその場合、普通に鍵盤の音そのままで読むシステムは音名と呼び分けます。ですから例えばEメジャーキーを例にとるとこうなります。

音名と階名

Cメジャーキー以外では、「音名のドレミ」と「階名のドレミ」はずれることになります。そうすると、今後「ドレミ」という表現を使った際に、それが絶対的な“音名”なのか相対的な“階名”なのか、混乱が生じる可能性もゼロではないですね。

理想を言うと、「音名ならABC、階名ならドレミ」と使い分けて表現するのが最も確実なコミュニケーション手段といえます。ただ今の段階でムリしてABCを使うと、逆にコンテンツが分かりにくくなる危険がありますね。ですのでしばらくはドレミを音名としても階名としても使いつつ、少しずつ移行をしていきたいと思います。

6 マイナーキーと音の名前

ここまでずっとメジャーキーを中心に話をしてきましたが、マイナーキーの場合はどうでしょうか? マイナーキーの場合はドじゃなくラがリーダーとなるので、そこが主音、そこが第i音ということになります。

短調での番号づけ

ただし上図のように、マイナーキーにおいて7番目の音は「下主音(Subtonic)」と呼ばれるルールになっていて、そこだけがややこしいところです。やっぱり、数字も漢字も英語も全部堅苦しいですね。ぜひとも「階名」の概念に早く慣れていただきまして、「ABCと来たら絶対的な音の位置、ドレミと来たらキーの中の相対的な位置」というシステムに移行していきたいところです。メロディ編I章が終わる頃には、「GメジャーキーではG音がド」といった表現がスンナリ飲み込めるようになるのではと思います。

マイナーキーと階名

ちなみに先ほど「階名システムではリーダーのことをドと呼ぶ」と説明したので、「じゃあAマイナーキーだったらリーダーのA音がドと呼ばれるのかな?」と思う方もいると思います。

短調の階名?

しかし、そのようなシステムはとりません。階名制度においては、マイナーキーの主音はそのままラと呼ばれます。この点において階名は、「主音、上主音…」や「第i音、第ii音…」のシステムとはちょっと異なっているんですね。「相対的な名前」の中でも、違いがあるのです。3

短調の階名

つまり「階名システムではリーダーのことをドと呼ぶ」という説明はちょっと語弊があって、正確には「階名システムではメジャーキーのリーダーのことをド、マイナーキーのリーダーのことをラと呼ぶ」ということになります。

この方式には非常に大きな実践上のメリットがあって、それは「曲が“レラティヴ”なメジャーキー/マイナーキー間でどっちか判らない時も名前があてられる」ということです。

レラティヴ関係

既に何度も述べているように、レラティヴな2つのキーの境目は曖昧です。「CメジャーキーかAマイナーキーのどっちかだということは分かるけど、どっちかと言われると微妙」というシチュエーションは頻繁にある。
もしマイナーキーのリーダーもドと呼ぶシステムだと、「この曲のドは…」と言った時に、それは曲をCメジャーキーだと思っている人からすればC音、Aマイナーキーだと思っている人からすればA音という風に食い違ってしまいます。マイナーキーのリーダーは素直にラと呼ぶ方式なら、このような混乱は避けられます。4


そんなわけで、色々と「相対的な音の呼び名」を紹介してきましたが、「主音、上主音…」や「i,ii…」といった呼び名はそこまで頻繁には使いません。とにかく「階名」というシステムの存在に注意し、その環境に積極的に慣れていってもらいたいなと思います。

まとめ
  • 絶対表記の音名ではなく、調の中での立ち位置を示すための、相対表記の音名があります。
  • この一連の相対名の中では、「中心音」は「主音」と呼ばれますが、大きな意味の違いはありません。
  • 「ドレミ」を鍵盤の絶対的な位置情報ではなく、調の中での相対的な位置情報として使う考え方もあり、そのようにしてあてられた名前のことを「階名」といいます。

Continue