五度圏

音楽理論 準備編

#1 五度圏を知る

音階の話をした時に、わざわざ全半を数えなくても、どこに♯・♭をつければいいか瞬時に分かる便利アイテムがある、というような話をしました。
それが五度圏Circle of 5thです。「五度圏」は、調やコードの勉強をするにあたって何かと役に立つアイテム。まずはその姿をご覧になっていただきましょう!

五度圏

1オクターブに、音は12音あります。7つの白鍵と、5つの黒鍵。「五度圏」は、その12音を時計のように円状に並べた図です。流派によっては、左右が逆さまになっているタイプのものもありますが、まあ本質的には同じです。

そのアルファベットの並びがなんとも不思議な順番ですが、この「五度圏」は、実は作曲の時に使う様々な情報を与えてくれる、いわば「円盤形の音楽事典」とでも言うべきものなのです!
どういうことなのか、具体的に見ていきますね。

#2 五度圏の使い方

五度圏のいちばんよくある使い方は、調号を元に中心の音を調べる、つまり調の名前を調べることです。例えば、時計の9時の方向をご覧ください。

A圏

9時のエリアには、「♯が3つ書かれた楽譜」と、「A」「Fm」という記号が描かれています。それぞれの意味は・・・

  • A・・・「Aメジャーキー」の意味
  • Fm・・・「Fマイナーキー」の意味

つまりコレが意味するところは、「楽譜に♯3つの調号が書いてあったら、それは長調ならAメジャーキーで、短調ならFマイナーキーだよ」ということなのです。

調号を元に、調の判定、あるいはトーナル・センター(中心音)の判定ができる。これが五度圏の活用法のひとつです。

逆に、何らかの場面で「この曲のキーはA♭メジャーキーだから。あとはよろしく」なんて言われた時に、どんな音を基本に使ったらよいのか? そういう時にも使えます。五度圏でA♭メジャーキーは、4時の方向にあります。それで確認すると、シ・ミ・ラ・レに♭をつけた音階が基本になると言うことが、一目で分かるのです。

A♭キー

コレがあれば、いちいち「全・全・半・・・・・」とかいって段差を数える必要は無くなります!

そんなわけで、調や音階という「概念世界」と、打ち込みや演奏といった「現実世界」を結びつけてくれるのが、この五度圏。これ以外にも、コード編に進んだ時にこの五度圏は大活躍することになります。

#3 キーの判定

ついにこの重要アイテムをゲットしたわけなので、ちょっと「キーの判定」を練習してみましょう。今回は、自分で作った曲のキーを判別して、それを元に伴奏をつけるというシチュエーションを想定して。

こんなメロディが出来たとしたら、分析を試みます。まず頼りになるのが、「黒鍵を使っている位置」です。それから、耳で感じる「トーナル・センターの位置」。この2つの情報を総合して、キーを調べていきます。

ピアノロール

メロディラインはこんな風になっていて、ファとドにだけシャープが付いていることが分かります。ファとド
とレではありません。まずナチュラルのソとレが鳴っていますし、それに「ソとレに♭」というパターンが存在しないということが、五度圏を見ると分かります。

逆に、「ファとドにシャープ」ならば、時計で10時の方向、Dメジャーキー/Bマイナーキーがあるので、このキーが極めて怪しいです。さらに聴覚で、DかBの音がトーナル・センターだと感じられれば、もう間違いなし!ということになります。

D発見

ここまで来れば、「Dメジャーなのか、Bマイナーなのか」については、どちらかに決める必要はありません。「レラティヴ」な関係にある2つの境目があいまいであることは、すでに何度も述べていますよね。

キーが分かったらば、全パートでファとドに♯をつけて伴奏を作ればよい。

こんな感じだ! この伴奏なら、ちょっとメロウな感じはしますが、明るいコードが中心になっているので、「Dメジャーキー」と判断するのが一般的でしょう。

成功率100%ではない

ただし、曲によっては、ほんの一時的に使う音階が変わったりする場合もあるし、西洋理論の範疇だけでは解釈しきれない音楽だってある。このやり方で100%キーを当てられるわけではないということは理解しておいてください。やはり、キッチリ曲を分析するには、コードの知識が必要になってきます。

#4 五度圏のミステリー

五度圏は、けっこうミステリアスなアイテムです。たとえば調号のシャープが増えるとき、どんな順番で(どの音に)シャープが加わっていくのかを見ていくと・・・

シャープの増え方

F,C,G,D,A,E・・・・・・
お気づきでしょうか? この順番、五度圏の中のアルファベットを1時から反時計回りで読んでいったものと同じです!!

ミステリー

だから、なんと言いますか・・・音階や調の法則性が隠された、ミステリーサークルなんです。音楽理論に詳しい人が、「音楽理論は数学なんだ!」とか言ってるのを、聴いたことがあるやもしれませんが、それはこういったところの法則性に感動してそう言っているのです。また「コード編」でこの子とは再会することになるので、その時まで頭の片隅に置いておいてください。

#5 五度圏のバリエーション

ちなみに、配置が左右逆になったバージョンも、広く流布しています。

五度圏

左右がどちらでも、意味上の違いはありません。また、名前についても「五度圏」ではなく「四度圏」と呼ばれたり、英語でも「Cycle of 5th」「Circle of 4th」「Cycle of 4th」など色々な呼び名がありますが、いずれにせよ意味するところは同じです。

この節のまとめ
  • 調号の一覧をまとめた「五度圏」という図があります。
  • 「五度圏」を見れば、調号から調や主音を割り出したり、逆に調を言われたときどんな音階を使えばいいかがわかります。
  • 「五度圏」には、音楽の世界を見渡すミステリーがいくつか隠されています。
さて、「プラン」はもう練ってあるでしょうか? ここからコード編、メロディ編、リズム編。どこへ進むのも自由です。実践を交えながら、生きた音楽理論を身につけていってください。

トップへ戻る