調性引力論 ❸ カーネルについて

メロディ編 Ⅰ章:構造の分解

#1 原質 (Kernel)

前回「傾性」をしっかりと掘り下げたことで、だんだんメロディの仕組みがくっきりと見えてきました。ドレミファソラシドの7音は、ある調の中で「決まった役割」「固有の特質」を備えるという風に考えてしまってよいでしょう。

音階の例

コード編を学ぶと、コードにもそれぞれの役割があるということを知ることになります。
メロディも同じで、調の中で主音にはリーダーとしての務めがあり、導音は主音に寄り添う引き立て役。第IV音は、曲想に大きな揺れをもたらす傾性音…。

そのような、「ある調において、トーナル・センターからの相対位置によって自動的に定まる、各音がもつ固有の特質」に対する感性を磨くことは、それすなわちメロディメイクのセンスを磨くということなのです。

名前がない

しかし、毎度おなじみのことですが、コード理論ばかりが肥大している現代の音楽理論には、この「役割」を指す言葉が存在していません。やっぱり用語がないと、不便です。いちいち「ある調において、トーナル・センターからの相対位置によって自動的に定まる、各音がもつ固有の特質」って言わないといけませんから。「傾性」や「収束・発散・振動」、「ストライド」などと同様に、ここも新しく名前をつけるしかないでしょう。

自由派音楽理論では、「ある調において、トーナル・センターからの相対位置によって自動的に定まる、各音がもつ固有の特質」のことを、原質Kernel/カーネルと呼ぶことにします。シンプルに言いたければ日本語で、カッコよくしたければ英語で呼べばよいでしょう。

  • 原質(カーネル)
    ある調において、トーナル・センターからの相対位置によって自動的に定まる、各音がもつ固有の特質のこと。

#2 各音の「原質」をチェック

さて、各音がどんなカーネルを備えているかは、もう既におおよそ分かっていると思いますが、ここまでの内容を踏まえ、改めて丁寧に確認していきます。「傾性」と「役割」と、「周囲の音に半音関係があるかどうか」。どれもここまでで説明済みのこと。今回は復習と定着の回なのです。

ただ、新しい知識が何も無いではつまらないので、「その音ばっかりを使ったメロディ」を聴いてカーネルへの感覚を養ってもらうと共に、「サビの最高音に使うとどうなるか」というワンポイント・レッスンを付け加えることにしましょう。おなじみCメジャーキーを例にとって解説していきますね。

主音

主音
英語名 Tonic
傾性 無し
活性 不活性
役割 調性引力の中心。着地・終止役
半音関係 下に導音


調の中心であり、全ての音の着地点であるのが主音です。聴いてのとおり、とても安定感があります。

どんな場所から終止しても「解決感」を得ることができますが、半音関係のある「導音」から解決するのが一番なめらか。同じ順次進行でも、上から解決すると情緒が薄く明るいトーンになります。

サビの最高音に使うと?

トーナル・センターへの解決は、唯一無二の特別な「終止感」を持ちます。その終止地点を最高音にするということは、「もうこれ以上ない、やりきった」という達成感を最も感じさせるパターンと言えます。

もう、楽譜で確認しなくても、「センターへの着地感」を感じ取れていることを期待します。
本質的に安定感があるため、外へ訴えかけるような情緒は他と比べると弱くって、どちらかというと自己完結しているような印象です。とてもスッキリしていて素直、ストレートでパワフルなのが魅力

こちらは逆に、順次進行で「ドレミファソラシド」と上がっていってセンターに着地するようなパターン。やっぱり「言い切った感じ」がありますよね。

また、序盤ではなく終盤に最高音を持って来るパターンもとても良い。

こちらの曲は、「からず」「目印して」など要所要所で主音の最高音を打っていますが、さっきの2曲と比べれば控えめ。そしてサビ終わりの「生まれた意味」で最後にまた最高音へ到達します。だからやっぱり、サビを聴き終わった瞬間にすごく「達成感」がありますよね。その曲想と歌詞とのマッチングも素晴らしいです。

上主音(第Ⅱ音)

上主音
英語名 Supertonic
傾性 中くらい
活性 活性
役割 中心音のひとつ上としての浮遊感、高揚感の演出
半音関係 なし


上下に半音関係が存在しないため、中くらいの傾性でフワフワと浮いていられる、浮遊役が第Ⅱ音です。さっきの音源よりも、浮き上がっている感じがあると思います。

全音下がってトーナル・センターに着地するとスッキリしますが、活用法は他にもたくさん。このフワフワを活かす能力は表現者としてとても重要になります。

サビの最高音に使うと?

サビの最高音で使う場合、伸ばして使うよりも「主音がマックスだと落ち着きすぎちゃうから、もうひと押しボルテージを高めたい」という時に、短めの音で挿し込まれることが多いです。

「You raise me up」というフレーズを何度も繰り返していますが、1回目は下から順次上行する「ソラシド」の形。到達感、達成感があります。それに対して2回目は「ソレドド」という風に、ストライド跳躍で主音を跳び越して、上から降りてきますね。これがまさに、主音よりもさらにもう一段上の盛り上がりを演出しているところ。「レ」の音の典型的な使い方です。

こちらも後半の「la-la」と歌うところが「ド→レ」の流れになっています。ひそやかな気持ちの高ぶりがよく表現されていますね。

中音(第Ⅲ音)

中音
英語名 Mediant
傾性 弱い
活性 不活性
役割 安定感があり、主音よりも情感が強い
半音関係 上に下属音


第Ⅲ音も、傾性が小さく伸ばしやすい音のひとつ。上の音源も、全く違和感なく伸ばし続けられていますね。

主音よりも高い位置にあるぶん、訴えかけるような力が強い。半音上にある下属音との連携プレイも含めて、曲の情緒を構成するにあたっては非常に重要となる音程です。

サビの最高音に使うと?

第Ⅱ音よりももう一段上の、エモーショナルな情感を引き出すことができます。しかも、傾性が小さいから伸ばしたければ伸ばせる。最高音としてはとても使いやすい、スタンダードな存在と言えます。

リライトのサビは、最高音を何度も何度も歌いますが、それが第Ⅲ音です。このメロディの“エモさ”の要因には、第Ⅲ音の情感がひとつあるのです。

「だからっと」「奪って逃げ」のところが最高音。主音の「終止感」とはまた違った感情の高鳴りがありますよね。さっきの上主音は、トーナル・センターを「はみ出した」程度の情感でしたが、中音になるともう完全に「突き破った」感覚を覚えます。それはもちろん、上主音がセンターへの傾性を抱えているのに対し、中音は独立性が高いからです。これがもし上主音で止まっていたら、これほどの「奪って逃げて走り続ける感」は出てなかったでしょうね。

下属音(第Ⅳ音)

下属音
英語名 Subdominant
傾性 とても強い
活性 活性
役割 不安を煽り、曲想に「揺れ」を引き起こす
半音関係 下に中音

既に何度も述べているとおり、7つの音の中では最も傾性が強く、常に解決が期待される最も特別な音。この音源だけは、何箇所か聴いてて気持ち悪い場所がありますね。下属音は基本的なコードとぶつかることが多く、不協和を生みやすいのです。
今回は仕方なく作りましたが、こんな風に下属音を連発するメロディはあまりオススメできません。

しかしその不協和はクラシックでもジャズでも重要な役割を果たしており、愛用されている。だから21世紀のポピュラー音楽においては、逆にこの下属音を抜いた「四抜き音階」が若々しくカッコよく感じられる側面もあるわけです。

下属音を無闇やたらに使ってしまうと、それは無駄に聴き手の不安を煽ることになりますから、おしなべてあまり良い結果を生みません。曲想を“揺らす”意味のあるところに、効果的に挿し込んであげるのが良い使い方です。

サビの最高音に使うと?

この強傾性音を最高音に使うと、当然かなり強烈な「揺さぶり」を生みます。ですからその後は自然に半音下行して、スッキリ着地してあげることが多いです。

もう3度目の紹介になってしまいますが、やっぱりミスチルの「旅立ちの唄」は、下属音の効果的な使い方が最も分かりやすい、模範例です。サビの最後に、最高音で、三連発ですからね。

「収束と発散」の件で、ストライドを多用したメロディとして紹介された「二人セゾン」は、カーネルという観点から見ても非常によく練られています。最高音ではないんですけども、下属音の活用が特徴的なので紹介します。
サビ終わりの「景色」のロングトーンが下属音で大きな情緒を作っていて、じゃあセオリーどおり半音下行するかと思いきや、グッと下がってまた上がってという2回のストライドをしてサビが終わるのです。
その動きがやっぱりクラシックとは違う雰囲気を出していて、言うならば「無邪気に飛び跳ねている感じ」です。それが若々しくって、生き生きと感じられるのです。

属音(第Ⅴ音)

属音
英語名 Dominant
傾性 かなり弱い
活性 不活性
役割 主音から遠く高揚感や力強さをもたらす
半音関係 なし

主音からみて遠い位置にあるのは下属音とこの属音ですが、下属音はバリバリの傾性音ですから、主音から離れた位置で長く伸ばせる「二本目の柱」として機能するのは唯一この属音だけです。周波数などの科学的な面で見ても、属音は独立性が高く力強いんです。上の音源を聴いてもやはり、一番明るく感じられると思います。

サビの最高音に使うと?

第Ⅱ〜Ⅳ音がわりと「情緒」を呼び覚ますタイプだったのに対し、属音は主音に似た「ストレートさ」を演出してくれるタイプです。

1:35あたりからがサビ。サビ頭の「All that noise, and all that sound」のところが属音ですね。バラードのような余計な情緒がなく、直線性の高い属音は、この曲のテーマにぴったり。鳥が空を駆け抜けていくような“高さ”があります。それはやっぱり、主音から遠く離れた属音だから出せるものです。コールドプレイは、「カーネル」に対する感性が凄まじくて、シンプルなのに心に焼きつくメロディをいくつも生み出しています。

オアシスの大ヒット曲ですけども、サビ冒頭の「So」の伸ばしが属音、かつココが最高音ですね。やっぱり雲を突き抜けて来るようなパワー感があって、思わず盛り上がっちゃいますね。

どこか決然と、きっぱりとした雰囲気の漂う曲ですが、属音がとても頻繁に使われていて、それが「芯の強さ」を感じさせているのです。冒頭の「それがいと知ってしまったなら」の高さが属音ですね。

下中音(第Ⅵ音)

下中音
英語名 Submediant
傾性 曲の長短に大きく依存
活性 活性
役割 暗い曲調ではボス役 / ソに向かう傾性音
半音関係 なし

暗めの曲調では中心を担うボス役。明るめの曲調では属音のパートナーという感じで、最も役割がコロコロ変わる音。コード理論を学んでからでないと、その実際の「役割の変動」は把握しきれないところがあります。ひとまず、「属音のパートナー」としての使い方をマスターすると良いのではないでしょうか。

サビの最高音に使うと?

そんなわけでよくあるパターンは、属音が最高音かと見せかけて、「もうひと押し」ということで「ラソ」のような形で短く挿入される形です。これは「レド」や「ファミ」の動きと同じ意味合いで、ド・ミ・ソは安定感がありすぎる嫌いがあるので、それぞれ上の音を「揺さぶり役」として使うのです。

サビ冒頭の「たとば」のところがまずラで、最高音です。その後も、「ラ→ソ」と言う鉄板の流れが何度も登場して、「属音の高さをさらに超えていく盛り上がり」を表現しています。

こちらは、「暗い曲調のボス」として機能している方の例です。サビの絶頂、「Alive again!」のところが第Ⅵ音です。主音と同じ終止感、達成感があります。

導音(第Ⅶ音)

導音
英語名 Leading Tone
傾性 強い
活性 活性
役割 不安定さの演出 / 主音への滑らかな解決
半音関係 上に主音


ひとつ前の「傾性」の時にだいぶ特集したので、記憶に残っているでしょうか? トーナル・センターに唯一半音で解決する大切な存在であると共に、あえて解決しない「導音伸ばし」も、割り切れない大人な雰囲気を演出するのに使えるということでした。上の音源は、その「導音伸ばし」をずっと行なっているため、かなり落ち着かない感じがしますね。

これと下属音を除外してしまえば、和風な「四七抜き音階」の出来上がり。それでは情緒がなさすぎるという時にはこの子を復活させてあげると、ハイブリッドな「四抜き音階」になるんでしたね。

サビの最高音に使うと?

傾性の強い、弱々しい音であることは確かなので、これを最高音に持ってくることはそんなに多くありません。そんな中もっともベタなのは、暗めの曲で第Ⅵ音がボス役を担っている時に、その1個上の盛り上げ役として機能させるパターンです。

こちら、サビ始めが「シ→ラ」の動きになっています。「シ→ド」と終止するパターンと比べると、明らかにダークな雰囲気が漂います。


#3 カーネルの重み

さて、サビ最高音の考察で実際の曲を参照したのは良いことでしたね。名曲を生みだした人たちが、どれほど深い想いをメロディに込めていたかというのが分かります。一音一音の「重み」が、パワーがすごい。また、多くの曲は歌詞との合わせ方が素晴らしかったですよね。やっぱり強いワード、大きいワードを最高音にあてることが多いようです。

もちろん彼らは「カーネル」のことを頭で考えてなんかいません。たくさんの曲を聴き、作る中で、各音が持つ質感を「耳」や「喉」で体得しているのです

でもでもそれは、理論が無意味ということではありませんよ。まずこうやって「カーネル」というものがあるのだと明確に認知したことで、そういう高次元な世界への「はしご」が掛かったのです。あとはこの知識と共に曲を聴き、曲を歌い、カーネルへの感性を磨くことで、「はしご」を一段ずつ登っていくだけです。

そして絶対に忘れてはいけないのは、表現したいものと曲想とがガシッと噛み合っているから心を打たれるのであって、そもそもの「表現したいもの」がなければここまでの名曲は作れないということ。「理論だけでは名曲は作れない」っていうのは、そういうことです。

音楽、特にメロディは、曲想に貢献しないような余計な音があればあるほど、伝えたい根本のエネルギーがドンドン弱まっていきます。それはまるで、「摩擦」や「空気抵抗」のように。だから音楽理論を学び、こうやって音の奥深くにある性質を知ることで、その「抵抗」を限りなく減らしてあげることは出来ます。そうして、心にグサッと刺さるパワーを持った曲を生み出すことが出来る。

でも、そもそもの「想い」がなかったら、抵抗も摩擦も何も、そもそものパワーがないのですから、いくら理論で表面を綺麗に飾ったところで、けっきょく空虚なのです。理論とは心のエネルギーを損なうことなく伝えるためのサポート役なのだという、理論と感性の関係性を見失わないよう心がけてください。

はしごの登り方

まず頭で「カーネル」を知り、「はしご」は掛かったわけですが、これを“体得”するにはどうしたらいいのかという話ですよね。それにはやっぱり、音感を鍛えることが欠かせません。絶対音感じゃなくて、相対音感です。

相対音感は、ある基準の音を教えてもらえば、それを元に他の音の高さが当てられるという能力。絶対音感と違って、大人になってからでも修得できます。もしかしたら、このメロディ理論を学んでいる間に、ちょっとは鍛えられてるかもしれませんよ?

例えばこちら、ピアノの鍵盤を2回鳴らしました。最初の音が、基準の「ド」。2つ目の音は何でしょうか?

考えてね

・・・はい。
正解は、ドのすぐ半音下の「」です。ここの半音関係はメロディメイクの基本であり、重要ということで今まで何かと登場していますね。距離としても近いですから、当てられても不思議はないです。

もしこれが耳で判るようになったら、逆にドとレだって判るようになるはずです。

そうなれば、後はもうそれを上下に広げていくだけ。我々人間には基本的に「中心音を認知する能力」が備わっているわけですから、相対音感は誰でも修得できます。

ちょっとずつ

その難易度は、楽器経験や歌唱経験によって大きく左右されてしまうとは思いますが・・・まあ頑張り次第です。


今回解説した「原質」は、ここまでの内容を総括する重要な知識です。体得できるのはまだまだ先とはいえ、分析には早速活用することができます。自分の好きなメロディを分析してみれば、きっと発見があります。

この解説だけではどう分析したらいいか分からないという人にも、朗報です。この次の回で紹介する「声域区分法」は、分析に関する理論です。それを読めば、実際の分析の仕方もイメージが掴めるはずです。

この節のまとめ
  • 調の中で各音には相対的な立ち位置があり、それによって固有の性質や役割を持ちます。
  • その性質のことを、自由派音楽理論では「原質(Kernel)」と呼びます。
  • カーネルに対する感覚を磨くことは、センスの向上に直結します。

Continue