調性引力論 ❶収束と発散

メロディ編 Ⅰ章:構造の分解

今回の内容では、音の名前が多く登場します。そのため「主音」「上主音」といった相対音名ではなく、Cメジャーキーを例にとって簡易な「ドレミファ」を使用して説明していきます。

音階や調には「中心」が存在し、そこへ終止すると「着地感」を感じるという、「調性引力」が存在しているという話は、準備編のときにすでにお話ししました。

中心から離れれば高揚感
ドレミファソ
中心に至れば終止感
ソラシド

これは直感的に理解できる話であり、これまで詳しい説明はしてきませんでした。もう少し具体的にここを確認するのが、今回の内容となっています。

#1.中心音への引力

まず初めに言っておくと、この「中心にまつわる作用」は、そのとき鳴っているコードに関係なく、メロディ自身が持っているものです。もちろん、同じメロディでもどんなコードに乗せるかによって響きは変わります。しかしそうである一方で、メロディ自体が持っている特性もそこに同在しているのです。コードの作用とメロディの作用の組み合わせが、曲想を作ります。

Ⅱ章では、そのようなコードとの兼ね合いも含めた形でこの「調性引力」を説明し直しますが、ここはまだ基本のⅠ章ですから、まだコードのことをほとんど知らないという前提で、簡易的な説明をいたします。

トーナル・センター

メロディの世界においては、調の主音へ向かって緩やかな引力が働いているとイメージしてもらえると、非常に分かりやすいです。

中心への引力

改めて述べますと、調の中心であり、着地感が感じられるリーダー的役割の音のことを中心音Tonal Center/トーナル・センターといいます。Cメジャーキーであれば、「ド」の音がトーナル・センター。

中心音に着地した時の気持ちよさというのが、音楽のもつ根源的な魅力のひとつ。「中心に終止するとそこで精神的安定感が得られる」ということなので、これを比喩的に言って、「引力がある」と表現しているわけです。

この「調性引力」という表現は、世間一般では単なる比喩表現のひとつであり、音楽理論用語としては認識されていませんが、非常に重要なコンセプトであるので、自由派ではこれをひとつの「用語」として扱います。
ですから例えば順次進行でトーナル・センターへ着地するメロディラインは、最も自然で聴き心地が良いといえますよね。

順次進行

コード編のⅠ章を読むとわかることですが、コードにもやはり「着地」という概念が存在します。メロディが着地してもコードが高揚していれば落ち着かないし、コードとメロディが一斉に着地すれば、強いカタルシスを得ることができます。2つの要素をいかに絡めるかが、重要になってくるのですね。

#2.収束と発散

するとここにまた、「上行/下降」「順次/跳躍」に続く、もう一つのメロディ分析要素があることに気づきます。それは、中心音に対して「近付く動き」と「離れる動き」です。

近付く/離れる

そう、同じ「跳躍上行」といっても、「跳躍上行して中心音に至る」のか、「跳躍上行して中心音から離れる」のかでは、メロディの与える印象は全く違います!

名前がない

しかしながら、「順次/跳躍」などと違って、ココに関してはあまり普及した名称が用意されていません。やっぱり現在の音楽理論、メロディに関してはザル状態なんです。ココはさすがに名称無しには成り立たないところなので、不本意ながら新しく名前をつけます

自由派音楽理論においては、中心音へ近付く動きを収束Converge、離れる動きを発散Divergeと呼び分けることにします。

種類
数字は中心までの度数、矢印は引力の方向

「度数」は覚えていますか? 準備編で確認したやつです。音の距離を表す単位で、ゼロ距離を「1度」と数えるんでしたね。 別にこのような表記法が普及しているわけではありません(世間にはそもそもメロディ理論がありませんし)。今回は、説明を分かりやすくするために補足情報として書き入れているまでです。

基本的には、引力の方向に沿ってそのままメロディを動かした場合にはやはり「自然な落ち着き」があり、逆方向に動けばそれは「音楽を展開させている感じ」が生まれます。

もちろん順次進行でなくとも、中心音に近づきさえすれば「収束」と呼びます。逆もまたしかり。

跳躍の場合

特に左の楽譜の場合、ターゲットとなる中心音はオクターブ上に移動していますが、中心への距離が「3°」から「2°」に近づいたことには変わりないので、「収束」ということになります。
音が同音で連打された場合は単なる「保留」なので、なんとも呼びません。ただ、音が跳躍で移動した場合に、結果的に中心からの位置が変わらないという出来事も起こります。そのようなパターンを、振動Oscillateと呼ぶことにします。

振動

上譜のように、中心の周りをユラユラ動くことになるので、「振動」です。

ご覧のとおり、「振動」においてもやはり、中心音のターゲットが移動する場合が存在します。オクターブ移動はともかくとして、「引力の向きが変わる」というのは、ちょっと象徴的な出来事で、分析の際の注目に値するものであります。

こういうのは、これまでと同様にして、あまり細かく着目しすぎても実践性に欠けますね。「メロディラインを大まかに捉える際の物差しのひとつ」くらいに考えるのがよいでしょう。無意識レベルではもう理解している内容だと思うので。

#3.終止と跳越

ただせっかくなのでもう少しだけ、名前をつけさせてください。

自由派音楽理論では、形態の如何にかかわらず中心音へ辿り着くことを終止Cadenceと呼び、さらに中心音を飛び越えてその先まで跳躍することを跳越Stride/ストライドと呼びます。「ストライド」は、「跨いで越す,大股で歩く」という意味の言葉ですね。

終止と跳越

さて、「終止」がメロディラインにおいて重要であることは言うまでもないですが、「跳越」も重要な意味を持ちます。本来の引力の中心を飛び越えていくわけですから、「跳躍進行」の中でもとりわけエネルギーが強く感じられるのです。

特に、跳越を伴いながら収束し、中心音に終止するようなメロディラインは、歌モノの節回しで隠れた定番になっています。

跳越の力

ですからサビの終わりのメロディラインを考える時なんかは、「ストライドするべきか、しないべきか」と頭で考えて調整するのもアリだと思いますね。

例えば欅坂46の「二人セゾン」は、サビに大量のストライドが登場します。

二人セゾン
「二人セゾン」のサビのメロディ (作詞:秋元康)

今回は音高の遷移だけに着目したいので、リズムを無視して全て四分音符にしてまとめました。ストライドを伴う跳躍が何度も連続していますね。特に「現れて」の部分は、一度大きく下がることで下方の引力へ転換しておきながら、すぐ「跳躍上行収束(+跳越)」で浮き上がって引力を再転換し、「順次下行収束(+終止)」という非常にドラマチックな動きをしています。

もちろん、作曲家は作るときにそんな細かいことは考えていません。ただ単にこういうメリハリのあるメロディの動きが心を揺さぶるということを、経験から無意識レベルにまで落とし込んでいるのです。

「道」 – 宇多田ヒカル


宇多田ヒカルの「道」も、シンプルながら心を揺さぶるメロディラインが素晴らしいのですが、「順次進行」のなめらかさと「跳躍下行収束(+跳越)」がもつ「揺さぶり」の対比が魅力に繋がっています。

道
「道」のサビのメロディ (作詞:宇多田ヒカル)

情緒を生み出すにあたって重要な音である「導音」をムダ撃ちせず、ここぞという場所で使うからこそ、魅力的に聞こえます。

「渚」 – スピッツ

この曲については、A・B・サビ全パート面白いので、順に辿っていきます。

A・Bは主音を経由したり順次進行をしたりが多く、ストライドは低めの位置で2回しか起こりません。サビ頭では跳躍が起こるのですが、これは主音に「終止」する動きであるため、非常に安定感があります。

渚「渚」のサビのメロディ前半 (作詞:草野マサムネ)

こうして見ると、ほぼ順次進行。そして、引力に逆らう流れと従う流れがほぼ交互で半々というようなバランスのとれた動きになっていることが分かります。まさに、まるで渚に打ち寄せる波のようなメロディラインと言えますね。
しかし、サビ後半の方は、主音を大きく越えて跳躍するのが見どころ。

渚サビ後半

「ファ」の音は、下がって「ミ」へ進むと半音進行で最もなめらか。ところが今回は、1オクターブ上のミへ飛びます。一番大きなストライドの跳躍を、サビのラストまで取っておいているわけです。恐ろしいほどのメリハリ。それが魅力に繋がっているんですね。

こんな風に、「中心音」という概念を意識して分析すると、見えてくるものの密度が変わってくるのが分かりました。今日の話、かなり大事ですよ。ぜひ自分のお気に入りの曲を、分析してみてください。

総括
  • メロディはコードと独立してそれ単体が有している特性のようなものが存在します。
  • 調の主音のことを、「中心音」と呼ぶことがあります。
  • 中心音へ向かっていく動きに我々は「落ち着き」を感じます。その性質のことを、比喩的に「調性引力」と称します。
  • 自由派では、中心音に近づく動きを「収束」、離れる動きを「発散」と呼びます。
  • 「収束」するメロディには落ち着きがあり、「発散」するメロディは展開性を感じさせます。
  • また、中心音に達する動きを「終止」、中心音を越えて跳躍する動きを「跳越」と呼びます。
  • 「終止」はメロディの終わり方の一番の基本形であり、「跳越」は強いエネルギーを持ちます。

Continue