和声 : 第一転回形

コード編 Ⅶ章:古典の世界

§1 第一転回形

さて、転回形に話を戻しましょう。注意が必要なのはやっぱり配置連結です。当然クラシックならではのこだわりがあります。まずは「第一転回形」での配置ポイントについて考えていくことにしますね。

改めて確認しますと、第一転回形はC/Eのように3rdの音をベースにとった形を指す言葉でした。主要三和音でいうと以下のようになります。

しかし!和声学的には、この配置では全然ダメなのです!楽譜をもう一度眺めて、おかしいところを探してみてください。和声の配置の話を思い出せば、気がつくはずです。




答え合わせ
答え合わせ

正解は、3rdの重複です。音が重複するのであれば、rootか5thがいいという話はすでに登場しています。コードのカラーが強調されすぎる3rdの重複は、基本的に避けるべきなのです。

ですから主要三和音を一転で使うときには、上三声には3rdを使わず、代わりにRootか5thを重複させますIの一転の標準配置として考えられるのは以下です。

理想形とよく言われるのが(a)。不安定なベースによって失われたトニック本来の安定感を補完するには、ルート音を重複させてあげるのがベストだからです。
(b)は5thを重複した形で、これも十分許容できます。(c)はちょっと配分が中途半端ですが、まあアリかなという感じ。

3rdが重複するのは基本的にありえない形。ただでさえ推奨されない3rdかぶりだというのに、3rdがバスを陣取っているこの状況で重複させるなんていうのは、トーンのバランスが崩壊してしまいますからね。
特にVの和音のときは、3rdが導音です。非常に不安定な音ですから、重複するのは絶対に避けたい出来事です。

一方、マイナーコードであれば、3rdの重複は全く問題視されません。そういえばVIの時も3rdかぶりの配置が標準配置として認められていましたし、マイナーコードには3rdの重複が許されているフシがあるのです。

§2 マイナーコードと3rdの重複

なぜマイナーコードは3rdの重複が許されているのでしょう? Franklin Robinsonの「Aural Harmony」という書籍では、以下のような見解が述べられています。

例えばCキーでは、II番目のトライアドであるDmの3rdが重複されると、それはFのコードをより暗示することになる。それゆえIIのマイナーとしての特徴は減少し、メジャーキーにより適応しやすいものとなる。同様の結果はVIやIIIでも得られる。従って、メジャーキーの副三和音においては、むしろ3rdを優先的に重複させるべきである。“Aural Harmony” p31より翻訳, Franklin W. Robinson

なんと、「許可」どころか「推奨」されています。でも、説明を聞くとなんだか納得できますね。すでに述べたとおり、古典派は長調短調を出来るだけ対照的に保ちたい。だからメジャーキーでマイナーコードを使うときも、そんなに目立った使い方をしないことが好まれるというわけ。

§3 失敗例と改善例

さて、不用意に転回形を使っていると、このような3rdの重複はいとも簡単に起こります。
“一転”は、バスをなめらかに順次進行させたい時によく使うので、そのような例で実際のパターンを見てみましょう。

悪い例

おなじみの、パッヘルベルのカノンのコード進行をピアノで弾いてみましょう。

ダメな例

パッと聴き綺麗ですが、これはホンモノの美しさには程遠い。いくつもの禁則を犯してしまっているのです! いったいどこがいけないのでしょうか。一転の配置だけでなく、連続5度・8度といった禁則がないかも確認してみてください。

間違いをひととおり確認し終わったら、答え合わせをしましょう。




答え合わせ
ダメな点

ダメな点に全て指摘したものがこちら。ヒドい有り様ですね。特にI1→II1がヤバイ。

実はこの聴き慣れたカノンの進行って、ソプラノをこうやって下行させていくと、どうしても並行だらけのコンブ・スタイル1になってしまいがち。綺麗な声部連結をするのはなかなか難しいです。

それもそのはず、パッヘルベルは古典派理論が完成する前のバロック期の作曲家ですから、古典派和声とは微妙に作り方が違うのです。まあ文句を言っても始まらないので、がんばって修正していきましょう!

良い例
良い例

こちらが、問題点がなるだけ改善されるように配置しなおした一例です。後半は少しソプラノのラインも変えて、「反行」を織り交ぜてみました。ほか、スタートを開離配分にするなど工夫をしています。

ただ、ひとつだけ連続8度が残ってしまいました。微修正だけではちょっと、ここはぶっちゃけ直しづらい所です。まあ内声とバスでの連続というのはかなり気づきにくいので、ギリギリOKかなという判断です…。

VIのところをセブンスコードにしちゃえば解決なんですけどね。

7の和音を活用

ただこうやってしまうと古典派らしさは薄れちゃいますね。せっかくなら完璧なアンサンブルを作りたい。もしソプラノをガラっと変えてしまっていいのなら、もっと良くできます。

もっと良い例
もっと良い例

こんな感じだ! 「最短経路の原則」は今回無視して、ソプラノが簡単なモチーフを2回繰り返すような構成にしました。最後もII1やめてII7にしちゃってます。

ですから、基本的な連結をマスターしたあとは、こうやって自由に原則を破って自分の表現したいラインを作っていくと良いです。「最短経路」「外声反行」の二大原則を無視しても、限定進行音などの規則を守り、各種禁則を回避すればアンサンブルは美しくなります。

Check Point

完璧な声部連結を完成させるには、外声間の関係性を練ってから作るとよい。うまく行かない場合は、スタートの和音配置を変えるとうまくいく場合がある。仮にトップノートが決まっている場合でも、密集か開離かで少なくとも2つの選択肢がある。

ベースラインを転回形に変えることで綺麗になる場合もあるし、逆に転回形を取りやめることでうまくいく場合もある。連結の修正方法はたくさんある。

トップノートに表現したいメロディがある場合は、「原則」を破っても構わない。ただし「規則」や「禁則」は無視すべきではない。