古典派理論への招待

コード編 Ⅶ章:古典の世界

Ⅶ章では、いよいよ古典派クラシックの理論を解説していきます。とはいえ、本格クラシック理論の情報量の膨大さはすさまじく、紹介できるのはほんの一部にすぎません。それゆえ、まずはこの章が作られた目的をあなたと共有しておきたいと思います。

流派ごとの違いを理解する

まず重要な目的は、古典派理論と一般的な音楽理論の差異を明確にすること。むかしのクラシック理論と今の理論が「違う」ということは何となく理解していると思いますが、具体的にどう違うのか。そして「なぜ」違うのかという点についても可能な限りふれて、古典派理論の哲学というものを理解してもらいます。

クラシック調の作曲をできるようにする

2つ目は、「クラシック調の作曲」をできるようにすること。本当に完ぺきなクラシック同様の美しさを生み出すには、かなり長い修行が必要です。しかし中には、「そこまで本気でクラシックに身を捧げられはしないけど、クラシック“風”の曲は作れるようになりたい」という人もいるはずです。そういう人のために、クラシックのクラシックらしさとはどこから生まれるのかという基本を短時間でさらってしまう。それも目的の一つです。

ポピュラー音楽への応用法を知る

古典派理論の中には、「考え方だけでも知っておいた方がいい」「すぐ編曲に活きる」ような、“戦闘能力”の高い知識が存在します。しかし当然、本格古典派の書籍には「ポップスではこんな風に使えるよ」なんて話は一切登場しません。この章では、古典派の知識をどうポピュラー音楽に応用するのかについても、いくらか説明を加えます。

本格古典派を学びやすくする

もしかしたら、中には「過去に本格和声の本を買ったけど難しすぎて挫折した」という人もいるかもしれません。ここでクラシックの思想的側面や、基本的知識を学べば、改めてリベンジができるはずです。 あるいはこの章を読み終わったあとで書籍を読むにせよ講座をとるにせよ、“大枠”を理解しているだけでずいぶん学習はスムーズになります。そういった「今後の学習の支え」のためにもこの章があります。

つまり、ここでは可能な限りとっつきやすく、使いやすい部分をかき集めることで、まずはとにかくクラシック理論が持つ美しさの魅力をすぐに実践できる領域で体感してもらうことを意図してまとめました。

やっぱり、作って違いを実感しないことには理論の良さって分かりませんからね。堅苦しすぎて曲を作る気になれなかったら、本末転倒だ。実践する中でその効果を実感してもらい、それがより本格的な古典理論に入り込むきっかけになればと思います。

#1 クラシックの歴史

さて、まず前提として確認しておきたいのは、クラシックと言っても様々な時代があるということです。これは序論でも少し述べましたね。


ここから先は、ログインメンバーのみが閲覧することができます。右上のメニューからログインしてください。