スラッシュコード ❸ハイブリッドコード

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information
今回は「編曲技法を知る」回です。
「スラッシュコード」の最終回です。最後は少し変わった用法で、やや近代的な毛色のあるテクニックを紹介します。

#1 ハイブリッドコードとは

さて、スラッシュコードの初回に解説したのは、コードの構成音の(Root以外の)どれかを低音部に据える「転回形」というものでした。

new!

最後の解説するのは、これとは正反対のパターン、つまり構成音のどれでもない音を低音部に据える方法です。

hybrids

このように、ウワモノのコードの構成音とは別の独立したルートによって支えられるスラッシュコードのことを、ハイブリッド・コードHybrid Chordと呼びます。1

これ自体は何ら珍しいものではなく、前回の「ペダル・ポイント」を使用している際に偶発的に生じうるものでもあります。

ペダルポイントとハイブリッド

こちらは前回の「ソプラノ・ペダルポイント」をさらに発展させ、高音域どころかベース以外はずっとCのコードに残って同じフレーズを弾き続けた例です。I/VIIなんてコードは単体でみたら過度な不協和音ですが、やはりペダルポイントの流れの中であれば自然に聴こえますね。

閑話休題。改めて確認すると、例えば3小節目では、トップがド・ミ・ソでCのコード。対するベースはファの音で、ド・ミ・ソの3人とは縁もゆかりもありません。この状態が、「ハイブリッドコード」というわけです。
ただまあ、こうやって偶発的に生じただけのものをことさらハイブリッドコードと呼ぶことはなく、単にペダルポイントと呼ぶのが普通。意図があってこの状態にしてあるものをこそ、ハイブリッドコードと呼びます。

#2 ハイブリッドコードの効果

では、どのような意図でこのテクニックを用いるのでしょうか?

ハイブリッドコードは、いってみれば2種類のコード感の掛け合わせです。だからハイブリッドコードを活用することで、より微妙なTDSの調整が可能になるのです。

4356

3,4小節目がハイブリッドコード。

3小節目は、ベースがV、ドミナントで盛り上げようとしている。なのに、上に乗っかるシンセはIIm7を弾いていて、要するにドミナント本来の盛り上がりを阻止している状況です。「ドミナントとサブドミナントの中間くらいの感じ」へ持ち込んでいるわけです!

4小節目も、ベースはVIの音で、トニックとして落ち着く気満々です。しかしシンセが今度はVに行ってしまう。下はトニック、上はドミナント。その結果、着地したようなしていないような、何ともいえない曲想に仕上がっています。
この手法はなかなか優れもので、複雑な響きを簡単に得ることができます。特にIIm/Vなんかは、ダンスミュージックでの定番のひとつ。

比較実験として、逆に上のシンセをベースにキッチリ揃えてしまったパターンも聴いてみましょうか。

ドミナント感、トニック感が出過ぎていて、さっきより面白くなくない、ワクワク感が減っていると思います。ですからハイブリッドコードを利用することで、T・D・Sの「三原色」しかなかったところに、もっと繊細な「色の混ぜ合わせ」が可能になると言えます。

こちらは実際の例。IVM7IIIm7と降りてきて、そのままIIm7に行くかと思いきや、ベースだけはVの音へ進みます。結果として生まれるのが、ハイブリッドコードのIIm7/Vです。
そのあともベースはVIへと解決しますが、コードは一歩遅れてという感じで、Vに行きます。そうするとこれまたハイブリッドコードのV/VIとなります。

中田ヤスタカはよくこのハイブリッドコードを用いて、複雑にさせすぎずそれでいて耳新しい現代的なサウンドを生み出しているんですよ。

#3 定番ハイブリッドの作り方

しかし「かけあわせ」というのもなかなか難しいもので、とあるベース音の上には、実に様々なハイブリッドコードの乗せ方があります。ベースがIのものひとつとっても、こんな感じ。

ハイブリッドコードの例

無尽蔵に作り出せるわけですが、その中には使いやすいものもあれば、強烈な不協和で使いにくいというものもある。
闇雲にやるのはなかなか大変ですね。そこで、音響的にそこそこ安定した定番のハイブリッドコードを作る方法があるので、それを紹介いたします。

テンションコードから考える

Ⅲ章の最後の方で、セブンスよりもさらに上に「お団子がさね」で積んでいったものを「テンションコード」という、と説明しました。

テンション

これを元にして、ルートをベースに預け、間を繋いでいるような存在である3rdの音を抜いて上下に分けてしまえば、いい具合にハイブリッドコードの基盤が出来上がります。

基盤づくり

この基盤を元にして、ここから音を抜いたり、ちょこっと変位させたりすれば、様々なバリエーションが出せます。特にこの場合、強傾性音であるファの音はかなりトニックとしての安定感を乱すので、あえて乱す意図がない限りは抜いてしまったり、ファ♯に変えたりしますね。

ハイブリッド1

VIIm7/I というなかなかユニークなハイブリッドコードが完成しました。そうすると、中間が抜けているとはいえ「お団子がさね」の延長上にあるので、サウンドとしては安定しやすいわけです。

こうした作業をする場合、ルート音がIやVだとただのペダルポイントと変わらないので、せっかくならIIやIIIといったルート上でこうしたハイブリッドコードを考えると面白いでしょう。


可能性が広がります

そんなわけで、3回に渡って紹介してきたスラッシュコードですが、いずれもインパクトのある大事な技法でした。

これまで学んできた全てのコードについて、違うベース音をあてられると考えたら、一気にバリエーションが広がりますね!
ギターだとこういうアレンジを考えるのが少し大変ですが、鍵盤やDTMだったら簡単に色々な組み合わせが試せるので、既存のコードでは飽き足りなくなってしまったとき、試行錯誤してみるとよいでしょう。

補遺: 名称について

最後にまた、あちこちで生まれてしまった様々な呼び名についての補足をいたします。

日本では、見た目が分数のようであることから「分数コード」という呼び名の方が一般的です。
また、「ConG」などと、スラッシュではなく「on」を使って表記する方法もあり、この場合「オンコード」と呼ばれますが、見た目上もスッキリしていないし、あまり国際的な表記でもないようですし、このサイトでは推奨しません。読みやすさとしては優秀ですけどね。

人によっては、「スラッシュコードとオンコードで意味が異なる」と教わっている人もいるようです。

スラッシュコードの呼称とあるローカルルール

しかしながら、そもそも「オンコード」「分数コード」自体が日本のローカルネームですから、このような使い分けは、出典不明の謎ルールです。無視しましょう。
ちなみに和音の上に和音を乗せる技法は、Ⅴ章にて「複合和音」という名前で登場しますので、詳しい解説はその時に致しますね。極めて高度なテクニックなので、まだ知らなくてよい段階です。

また一部ジャズ派では、「Compound Chord」という呼称も使用されることがあります。“Compound”は「化合物」「複合体」といった意味の英単語ですね。その場合、基本的には以下のような認識になっています。

コンパウンド別の流派のルール

まあ本当に、次から次へと言葉ばかりを増やして、仕方のないのが音楽理論の世界ですね。こういった用語、頭の片隅には置いておいてもいいかもしれません。

このサイトでは、普段は飾らない日本語名を推しているものの、今回に関しては英語名の「スラッシュコード」という呼称を採用します。理由は以下のとおり。

  • 「複合和音」を含む意味の言葉と誤解される心配が少ない。
  • コードの表記のスラッシュ記号と直結していて分かりやすい(「分数」というとむしろ「複合和音」の表記と合致している)。
  • onを用いた表記の見た目はひどく劣悪。スラッシュの表記は、onを用いた表記よりも明らかに視認性において勝る。
  • 国際的に最も通じる呼称でもある。

「C/G」は「C slash G」と呼んでもいいし、「C over G」と呼ぶこともあるようです。読む分には、「C on G」でもよいのではないでしょうか。

この節のまとめ
  • ウワモノの構成音にない独立した音を低音部が担当する形を、「ハイブリッド・コード」といいます。
  • ハイブリッドコードは、コードのサウンドやTDS感が掛け合わされた複雑なサウンドを生みます。
  • 「スラッシュコード」という名前が表記・表現として優れているのでこれを推奨しますが、呼び方は自由です。

Continue