パッシング・ディミニッシュ

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information

今回は「コードの使い方を知る」回です。
「根音省略形体」の発想を生かして、ディミニッシュセブンスコードを活用する方法を考えます。複雑で上品なサウンドを得たいときにぴったりの技です。


III章で、ディミニッシュセブンスコードについて学びました。

7th

「全て短3度間隔」で音を重ねていて、「2つのトライトーン関係」が含まれている、特殊なコードでした。そのためこのコードの用法としては、ホラー風の活用と、「オグジュアリー・ディミニッシュ」と呼ばれる、IとVの和音の手前に差し込む形だけを紹介して終わりでしたね。

IIm7V7Idim7IΔ7

今回は、歌モノでも使われるこのコードの定番用法を学びます。

§1 根音省略形体を改造する

前回、ドミナントナインスコードのルートを引っこ抜くことで、ハーフディミニッシュが得られることを発見しました。

ハーフディミニッシュ化

そして冒頭の楽譜にもあったように、ハーフディミニッシュとディミニッシュセブンスは、たったの一音差です。そこで思います。二次ドミナントの改造系としてハーフディミニッシュが使えるなら、それをさらに改造してディミニッシュセブンスにもできるのでは?

VI9を例にとってみると、こうです。

これは・・・! ハーフディミニッシュの時と比べると、進行先に対し半音差でアプローチする音がひとつ増えています。シ→ラという動きが滑らかで、またフラットしていることにより哀愁が増した感じもあります。

二次ドミナントの代わりに、その3rdをルートに据えたディミニッシュセブンスが使えるということです。実際にコード進行を組んでみましょう。

IIm7IIm7/VIΔ7I♯ø7

まずこちらはハーフディミニッシュの場合。ルートはすでに滑らかになっているわけですが、これをディミニッシュ化することで、ウワモノにも滑らかさが生まれます。

IIm7IIm7/VIΔ7I♯o7

これは非常に大人びている!シが絶妙なクセというか、味を生んでいます。このI♯o7は上品なポップスでの定番のひとつです。特に今回はIからIImへの動きの間に挟まっているので、ルートが2連続の半音上行となって、非常になめらかです。

半音上行

このように、全音離れたコードへ進行するにあたって、“途中通過地点”としてディミニッシュを使用する技法を、パッシング・ディミニッシュ・コードPassing Diminished Chordといいます。
もちろんこの技法が使えるのは、I→IIの間だけではありません。他のディグリーでの例も見ていきましょう!

§2 パッシング・ディミニッシュ

「パッシング・ディミニッシュ」の代表例として挙げられるのは、基調和音どうしの間に挟まれる以下のコードたちです。

パッシング・ディミニッシュ

いずれも、全音“上”に進むときに、間に差し込みます。全音“下”へ進む際にディミニッシュを挟むことも可能ですが、上の4つと比べるとだいぶ使用頻度が落ちるので、ここでは紹介を割愛します。
I♯o7以外の3つを、使いやすい順に紹介していきますね。

Vo7 : III7の改造形

“強い感情の揺さぶり”でおなじみのIII7。そのルートを引っこ抜き、3rdからディミニッシュセブンスを形成したのが、V♯o7です。

IIVΔ7VV♯o7VIm

こんな具合ですね。普段だったらIII7を入れるようなところに、V♯o7を入れる。いつもはIII7を作るためにルートを一旦下げなきゃダメでしたが、このパッシング・ディミニッシュの発想があれば、ルートをずっと上行させ続けられますね。昂っていく感情がVImで着地するという、ドラマチックな流れを作ることができました!

IIo7 : VII7の改造形

VIIの和音について詳しくなかったII章の段階ではあまりフィーチャーしませんでしたが、VII7という二次ドミナントもありました。これをパッシング・ディミニッシュ化したII♯o7を、IIとIIIの間に挟むことができます。

VIm7IIm7II♯o7III7

こんな風に、手前はIIm、後続はIII7というのが定番。古典クラシック時代から使われている技法でもあり、高貴で上品な雰囲気があります。

IVo7 : II7の改造形

IVとVの間にディミニッシュを挟むと、IV♯o7です。

I/IIIIVΔ7IV♯o7VI/III

このパターンの場合、ミの音が加わることになるので、一瞬同主短調の方に調性が傾くことになります。そのため他と比べると、差し込み方が少し難しいです。明るさをキープしたいのであれば、素直に前回紹介したハーフディミニッシュ版、IV♯øの方を使うことをお勧めします。

経過和音

こんな風に、コードとコードの間に通過地点として挟まれたコードのこと全般を指して、経過和音Passing Chordといいます。パッシング・ディミニッシュは、経過和音の代表例ですね。

§3 パッシングじゃない・ディミニッシュ

そんなわけで、全音進行の間に「経過和音」として挟み込むのがパッシング・ディミニッシュですが、実際のところ差し込み方はそれに限らず、進行先が半音差であれば大抵はディミニッシュを使うことが可能です。その場合はディミニッシュに入った瞬間に多少の「ドッキリ感」がありますが、その後に解決すれば、いい「緊張と弛緩」として機能します。

IVΔ7III7VIm7Vm7I7

こちらはもうお馴染みともいえる、ジャズ風のおしゃれなコード進行ですね。このIII7とI7のところを、それぞれディミニッシュ化してみます。

IVΔ7V♯o7VIm7Vm7IIIo7

こんな具合ですね。ディミニッシュに入った瞬間はサウンドが一瞬ぐらつくような感じがありますが、そのあとスルッと半音上行して収まるので問題なしです。IIIo7は上では取り立てて紹介しませんでしたが、I7IIIøの改造版と思えば、ここで使えることに疑問はないかと思います。

コードのネットワークを繋げよう

さて、このパッシング・ディミニッシュをもって、J-Popなどで広く使われるコードは全て網羅したと言っても過言ではありません。これまで学んできたコードが、「こんな曲想にしたい時はこっちに変えた方がいい」という風に選べるようになれば、より自分が表現したい楽曲に近づけていくことができるはずです。
たとえばIVVIIImVImが原型にあるとして、

コード進行 曲想
IImVIIImVIm よりクッキリと力強い
IVVIIIVIm より感情の高ぶりを表現できる
IImVIIImVI より希望を感じる
IVVIIØIIIVIm より情緒不安定でショッキング
IVIVmΔ7IIImVIm より哀愁がただよう
IVIVm7IIImIII♭ よりJazzyな感じ
IVVIIIØVI7 揺さぶりの必殺技
IVVV♯o7VI7 上行するベース音がドラマチック

こんな風にパターンのヴァリエイションが頭の中にまとまっていると作りやすいでしょう。
ただ絶対に忘れてほしくないのは、上記のように曲想ありきでコードは選ぶべきということです。「とりあえず普通じゃつまんないから適当にひねるか」なんて気持ちでコードを変えたところで、人の心を打つ曲は生まれません。そんな小手先の作曲をするためにここまで音楽理論を学んできたわけではないですよね。理論を知った今だからこそ分かりますが、やっぱり大事なのは感性であり、音にどんな想いを込めるかなのです。

まとめ
  • コードとコードの間に、より変化の少ないコードを挟むことで、よりスムーズな流れを作り出せます。
  • ディミニッシュを経過和音として活用することができ、それを「パッシング・ディミニッシュ」といいます。

Continue