経過和音

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information

今回は「コードの使い方を知る」回です。

II章で学んだ変わり種のコードと、III章で学んだ技法を組み合わせることで、さらに複雑な和音をモノにしていく話です。ちょっぴり難しい内容になっています。


#1 経過和音

経過和音Passing Chordとは、2つのコードの連結の間に、進行をなめらかにするために挟まれる和音全般を指す言葉です。本来全音差がある移動の合間に、半音差の移動を作れるようなコードを挟んであげると、それだけで進行感がスムーズになるのです。
こう言うと難しく感じますが、実は我々はすでにたくさんの経過和音を学んできました。

二次ドミナント
I7

青矢印のところが、挿入された経過和音によってなめらかになった部分です。今回の場合、シ♭が挟まれたことで、ラへの繋がりがより美しくなっています。

サブドミナントマイナー
IVm

こちらもやっぱり、本来「ラ→ソ」だったのが「ラ→ラ♭→ソ」の半音移動になることで、なめらかになります。

スラッシュコード
VonIV

流れをなめらかにするといえば、定番のスラッシュコード。これも地味ですが、ベースが綺麗に下降するので美しい。

クリシェ
クリシェ

コードの一部の音だけ動かしてなめらかなラインを作るクリシェも、当然経過和音の一種です。

裏コード
II♭

裏コードも、こうやってみるとIImIの流れをスムーズにする接着剤と言えそうです。

・・・こうして見返すと、ここまで学んできた内容というのは、すべて経過和音だったと言っても過言ではないかもしれない!!
まあ、考えたら当然ですよね。ノンダイアトニックコードというのは、たいてい♯や♭を使うコードですから、白鍵と白鍵の間の黒鍵を使うことになる。なめらかな半音進行を作るコードがたくさんあるのは自然の摂理。
コードの世界において、半音の進行というのはとにかく流麗です。シャープファイブやドミナントセブンスといった変わり種も取り込むことができます。

そこで、その半音パワーを利用して、さらに新しい「経過和音」を編み出していこうというのが今回のテーマです。

#2 二次ドミナントの発展

まず、II章のはじめでやって以来ほったらかしだった二次ドミナントにもう少し手を加えてみましょう。9thを乗っけて、さらにルートを抜いてしまうのです。つまり・・・

スタート

これがスタート地点です。IM7VI9IImという、強進行のパワーを活かした二次ドミナントの模範的な導入法。
このVI9のルートであるラの音を抜いてしまいます。

ゴール

そうすると出来上がるのは、IØというコードです。「Ø」はハーフディミニッシュ、またの名を「マイナーセブンスフラットファイブ」でした。
ポイントは、ベースライン。ベースに着目すると、ド→ド♯→レという、綺麗な半音上昇が出来ているのが分かります。

ちょっとこの2つを、聴き比べてみましょう。

IImVIVI9という進行。その後IImヘ強進行するので、すごく進みにパワーがあります。

IImVIIØに変更しました。ベースが半音移動になったことにより、パワー感を失い、代わりに穏やかな流れが生まれました。
ものすごく微細な違いなのですが、こういうところにこだわりを見せるのがポップスのプロの世界です。

さらに変えてみる

これでベースは滑らかになりました。じゃあ、上の方の音もさらに滑らかに出来るのではないでしょうか? シにフラットをつけるのです。

ビヨンド

コードはさらに変わりまして、I♯のディミニッシュセブンスになります。「○」は、ディミニッシュセブンスの略記でしたね。音の違いを、聴いてみましょう。

IImVIIdim7です。これはけっこう変わりましたよね!! ディミニッシュセブンスはとても不安定なコードでしたから、ここでガラッと展開を変えにきたなというのが、聴き手にもよく伝わります。

このように、IIImのような全音コード進行の間に挟み込んで半音の美しい流れを作るディミニッシュの用法を、パッシング・ディミニッシュPassing Diminished Chordと呼びます。

ディミニッシュ特有の音をもっと前面に出すと、より情緒的に聞こえますよ。

曲例

#3 パッシング・ディミニッシュ

同じことがVVImIImIIIの間でも可能です。

V♯dim

定番の「4536系」のIIIを、Vdim7に変えました。やはりベースラインの美しさやディミニッシュの不安定さが、曲想をさらに感情的なものにしています。

II♯dim

IIdim7の場合、進行先はIIImではなくIIIじゃないとあまり活きません。かなり格調高い雰囲気になりましたね。これはジャズでもクラシックでもよく使うパターンです。

IVVは?

IVVの間にIVdim7を挟むパターンもなくはないのですが、曲調が暗くなりすぎるので、あまり使われることは少ないです。この場合、既に紹介したハーフディミニッシュの方が一般に好まれます。

#4 スラッシュとの併用

たとえば本来Idim7が入るようなところで、スラッシュコードの原理を使ってベース音を変えるとさらにまたバリエーションを作れます。

VII♭dim

ベース音をC#ではなく、B♭に変えました1。かなり強烈に不協和な響きがしますね。ベースが増四度で移動することになるので、「滑らかさ」が目当てのパッシング・ディミニッシュとは、だいぶ毛色が変わりました。
こんなキツいコード進行、実際の曲で使えるかよ! とお思いですか? なんとMr. Childrenがサビに思いっきり使っています

1:21の、「魔法のフレーズ」のところです。この曲が持つ「魔法っぽさ」の一因に、こういう変わったコードの使用があります。むしろ歌曲の方が、メロディラインのパワーで引っ張っていけるので、使いやすかったりしますね。
しかしさすがにこの進行を2回繰り返すのは不安定すぎるだろうということで、2周目は別のコードに置き換えています。絶妙なバランス感覚だ。

こんな風に、スラッシュコードの活用なんかを考えたら、もっともっとバリエーションは作り出せそう。色々なパターンを試してみるとよいでしょう。

コードの広がりを繋げよう

そんなわけで、ポピュラー音楽で一般に使われるコード進行は、このIV章で全て網羅したと言っても過言ではありません。これまで学んできたコードが、「こんな曲想にしたい時はこっちに変えた方がいい」という風に選べるようになれば、より自分が表現したい楽曲に近づけていくことができるはずです。
たとえばIVVIIImVImが原型にあるとして、

コード進行 曲想
IImVIIImVIm よりクッキリと力強い
IVVIIIVIm より感情の高ぶりを表現できる
IImVIIImVI より希望を感じる
IVVIIØIIIVIm より情緒不安定でショッキング
IVIVmIIImVIm より哀愁がただよう
IVIVmIIImIII よりJazzyな感じ
IVVIIIØVI7 揺さぶりの必殺技

こんな風にパターンのヴァリエイションが頭の中にまとまっていると作りやすいでしょう。
ただ絶対に忘れてほしくないのは、上記のように曲想ありきでコードは選ぶべきということです。「とりあえず普通じゃつまんないから適当にひねるか」なんて気持ちでコードを変えたところで、人の心を打つ曲は生まれません。
そんな小手先の作曲をするためにここまで音楽理論を学んできたわけではないですよね。

理論を知った今であっても、瑞々しい感性をなくさないでいたいものです。

この節のまとめ
  • コードとコードの間に、より変化の少ないコードを挟むことで、よりスムーズな流れを作り出せます。
  • そのような”接着剤”的役割を果たすコードを、「経過和音」といいます。
  • ディミニッシュを経過和音として活用することができ、それを「パッシング・ディミニッシュ」といいます。

Continue