変位・転位系和音のまとめ

コード編 Ⅲ章:新しい名前

過去数回にわたって、新しいコードを次々と紹介してきました。ココはそのまとめの回になります。それぞれの回では定番のディグリーやサウンドの紹介が中心でしたが、ココでは構成音の比較、別の表記や別名といったものを紹介して、改めて全体像の把握をします。

#1 五線譜で確認

まずは五線譜で、紹介してきたコードたちをまとめます。

三和音たち

バリエーション

重要度の低いものにはカッコをつけました。sus4、シャープファイブ、マイナーフラットファイブ。重要なのはこの3つということになります。仕組みが分かった今となっては、こうしたコードネームももう怖くないですね。

各コードの要点をまとめると以下のとおりです。

コード 定番ディグリー 概要
sus4 I,V,VI 「吊り上げた感」で緊張をもたらす
(♯5) I,V 独特の度数間隔が奇妙な雰囲気をもたらす
m(♭5) VII,II 不安定さが情緒を生む

四和音たち

四和音のバリエーション

こちらは組み合わせが多いので、実践上重要なものだけを抜き出しました。例えば他に、マイナーメジャーセブンスをシャープファイブするとか、メジャーセブンスのsus2とかいったものも、理論上は存在します。そういったものはもう、パーツの組み合わせ論で各自考えてもらえたらと思います。

一見すると「Δ7sus4」と「7sus4」なんかの区別がややこしそうに見えますが、結局は「Δ7」と「7」の違いなのですから、それはII章でもう乗り越えてきた壁のはず。名前についてもサウンドについても、「根本となるコードクオリティ」+「変化」で分解して捉えるとわかりやすいです。

「dim7」だけは名前にヒントがないので、これはもう頑張って構成音を覚えていくしかないですね。「全員短3度の等間隔」で「トライトーンのペアが2つ」というのが、dim7の暗記ポイントです。

意外と要素のバリエーションは少ない

まだIV章で「スラッシュコード」の分野と、音を付加する「テンションコード」の分野が残っていますが、音を転位・変位させて作る和音のバリエーションは、実はこれだけです。4種類のセブンスコードと、あとは5度をずらす、3度をずらす。その組み合わせ論だったんですね。

クオリティの分岐

#2 別名いろいろ

しかし、コードネームの知識を複雑にさせているのは、実はココからです。それぞれのコードに、別名と別表記パターンがたくさんあるのです。時代の移ろい、流派の違いなどから異なった表記が生まれてしまい、生まれたが最後、統一はできない…。その名前のバリエーションこそが、コードネームをややこしくしている原因とも言えます。
このページでは、変位・転位系和音のコードネームの表記を総まとめします。

プラスとマイナス

まずは簡単なところから。シャープファイブ、フラットファイブについては、それぞれ♯と♭の代わりに+と-を用いた表記が存在します

プラスまいなす

まあシャープやフラットの記号は書くのも大変ですから、簡素化されたというところでしょう。音程を上げるからプラス、下げるからマイナス。直感的で分かりやすいですよね。このサイトでもどちらかというとこのプラスマイナスを、今後は推していきます。

augとdim

次。三和音の方の話で、5度変位系の和音では、「メジャーのシャープファイブ」と「マイナーのフラットファイブ」が際立って重要でした。これは古典派クラシック時代から変わらないこと。それでこの2人には、特別な名前が当てられています。それがオーグメンテッド・コードAugmented Chordディミニッシュト・コードDiminished Chordです。1

基本的なトライアド

コードネームはそれぞれ「aug」「dim」となります。メジャー、マイナー、オーグ、ディム。この4人で「基本のトライアド4種」とするのがクラシック系の伝統的な考え方で、ポピュラー理論書においてもこの考え方を引き継いだものは多いです。
aug、dimという名前は現代のコードネーム制度が確立されるよりもずっと前から使われていた呼び名で、こちらの方が歴史的に見て先輩であり、シャープファイブ・フラットファイブというのは後に出来たシステマティックな名称なのであります。

スナップF. A. GORE OUSELEY “Principles of Harmony” p11 (1868)

「augmented」「diminished」という言葉は詳細度数❷の記事で既に登場しています。それぞれ「増」「減」を意味する言葉でしたね。シャープファイブは5thが「増5度」になったからオーグメント、フラットファイブは5thが「減5度」になったからディミニッシュというわけです。

ピアノロールで見ると明白ですが、この4人は順に半音差で繋がっています。

4人の関係

メジャーをさらに明るくしたのがaug、マイナーをさらに暗くしたのがdimというようなイメージ。こういった観点からも、この4人が「基本のトライアド」とみなされるわけです。

さらなる記号化の推進

オーグ、ディムという愛称が与えられたわけですが、楽譜中や文章中に小さな「aug」や「dim」を書いたり印刷したりするというのは、手間だし技術的にも大変だったのではないでしょうか? 19世紀当時の理論家たちは彼らにシンプルな記号を与えました。それが「プラス」と「マル」です。2

プラスとマル

これはシンボリックで、アルファベット3文字が並ぶよりも美観に優れます。ただしaug/dimが英単語の意味から直接来ていたのと比べると、プラスはともかく、マルは意味がイメージしにくいのが欠点ですかね。こうした表記が、19世紀で既に見られます。というか古い時代だったからこそ、印刷技術の制約から記号化せざるをえなかった可能性もありますね。

エメリーStephen A. Emery “Elements of Harmony” p.12 (1879)

augがプラスならdimはマイナスにして欲しかったですが、そこもきっと印刷やインクの精度問題もあったのでしょう…。この文献もよくみると、マルというより数字の「ゼロ乗」に見えます。3

オーグメントとセブンス

そうすると、シャープファイブのセブンスコード版にも、augの名を冠した別名が与えられることになります。

augのセブンス

「オーグメント・メジャーセブンス」と「オーグメント・セブンス」ということになります。これはもう、これまでの話から十分に納得できる範囲かと思います。

ディミニッシュとセブンス

そして前回は特に言及しなかった「ディミニッシュ・セブンス」というコードネームの由来も、もう分かりますね。ディミニッシュ・トライアドがセブンスコードになったのだという意味だったのです。

dimのセブンス化

ただしこちらは、話がこじれます。右の方のコードが「ディミニッシュ・セブンス」を名乗ってしまった結果、「マイナーセブンス・フラットファイブ」には「ディミニッシュ」を冠する名前がつけられなくなってしまいました

コード理論全体のネーミングルールの整合性で言えば、ほんとうはm7(-5)の方が「ディミニッシュ・セブンス」にふさわしかったですが…しかしディミニッシュ・セブンスは古典派の時代から既に理論システムにガッチリと組み込まれている歴史の深いコードです。

それゆえ、後輩である「マイナーセブンス・フラットファイブ」が今さらその名前を奪うことなど不可能だったのです。

仕方なく後世の人々は「マイナーセブンス・フラットファイブ」に、ハーフ・ディミニッシュHalf Diminished Seventhという名前をつけました。そして「ハーフ」の名のとおり、マルのマークを半分に割った記号を与えたのです。

ハーフディミニッシュト

この記号は、パソコン上では「φ(ファイ)」や「ø(スラッシュつきオー)」などで表現されます。

#3 さらなる簡略化と混乱

さらにややこしいことに、「△・⚪︎・ø」の記号三人衆は、「7」を省略する書き方もあります

7を書かない

これは、「セブンスコードが当たり前」のジャズ界で、いちいち7を書く必要性が欠落した結果、省略されていったものと推測されます。クラシック流派にはない考え方ですね。

dim、三和音か四和音か問題

そうするとここで明確な混乱がひとつ生じます。「dim」もしくは「⚪︎」というコードネームが三和音を指すか四和音を指すのかが人によって異なるのです。

dimの混乱

クラシック系の色が濃いと三和音、ジャズ系が強いと四和音というのが傾向として言えますが、あくまで傾向にすぎません。この点に関しては、他の人とのコミュニケーションにおいて留意しておかねばならない点となります。

誤解の生じ得ない表記

少しでもミスコミュニケーションを避けたいのであれば、「マイナーフラットファイブ」と「ディミニッシュセブンス」という呼び方をすれば、間違いなく相手に意図を伝えることができます。

混乱を避ける

が、依然として相手が「dim」という表記を発信してきた場合には、一考する必要があることに変わりはありませんね。

#4 表記のまとめ

さて、表記のバリエーションはこれで全て紹介しましたので、いったん表にしてまとめます。「メジャー=無印」と「ドミナントセブンス=7」はどんな流派でも共通の書き方なので、それ以外のところだけまとめますね。

方向性 min aug dim M7 m7 mM7 dim7 m7(-5)
①特徴なし m (♯5) m(♭5) M7 m7 mM7 dim7 m7(♭5)
②+- m (+5) m(-5) M7 m7 mM7 dim7 m7(-5)
③aug/dim m aug dim M7 m7 mM7 dim7 m7(-5)
④記号特化 + o Δ7 -7 -Δ7 o7 ø7
⑤7省略 + m(♭5) Δ -7 o ø

もちろん、これらが部分的に混在した表記を利用する人もいます。このサイトも、メジャーセブンスには「Δ」の記号ですが、マイナーが「-」は見にくさがあるということで「m」を採用していますね。

これは同じ流派の中でも表記が異なることは十分あり、どれかの勢力が特別に強いということもありません。本格的なジャズ理論書では④のような記号化の傾向が強く、ライトなポピュラー理論書では①のような平易な表記が多い気もしますが、断言できるほど顕著な隔たりは感じません。伝える相手に応じて使い分けるのがよいでしょう。

このサイトでの表記

このサイトでは基本的な方針として、以下の表記を使用します。

min aug dim M7 m7 mM7 dim7 m7(-5)
m + m(-5) Δ7 m7 mΔ7 o7 ø

全体的に記号が多めで、視認性重視ですね。ハーフディミニッシュは、他と間違えようのないユニークなシンボルなので、「7」も削って「øだけ」の方を推していきます。とはいえ、どの表記が優秀だとかそういった主張をする気はありません。何が適切かはその人の環境や好みから決めればよいことです。

#5 鍵盤で一覧する

先ほどは五線譜でまとめましたが、度数関係のややこしいところは鍵盤で見た方がイメージが掴みやすかったりもします。鍵盤で一覧チャートを作りしょう。

sus2やメジャー・フラットファイブなど、細かなところは割愛しました。このタテヨコのグリッドが大切で、やっぱり度数の構成要素はそう多くない。先ほども言いましたが、その組み合わせによってコードネームが生まれているという認識が大切です。そしてもちろん、構成要素の丸暗記ではなく、定番のディグリーや音楽的効果とセットで覚えていくということが何より重要ということを忘れないでください。

まとめ
  • 変位・転位系のコードには、歴史の中で様々な表記や名前が与えられました。
  • augは「+」、dimは「⚪︎」、マイナーセブンスフラットファイブには「ø」の記号が与えられています。
  • 「7」を省略する表記とそうでない表記とでは誤解が生じうるので、注意が必要です。
  • それぞれの表記が一長一短なので、好みのものを使うとよいでしょう。

Continue