マイナーコードの5度変位

コード編 Ⅲ章:新しい名前
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。
I章で解説を省いたVIIm(♭5)、II章で省いたIIm(♭5)の和音と再会し、その使い方を確認します。


前回はメジャーコードの上げ下げを行なったので、今回は当然マイナーコードの話になります。

min + up
min + down

#1 マイナーの♯5と♭5

コードネームの規則は難しくなく、5thを上げればシャープファイブ、下げればフラットファイブという名前が追加されます

マイナーの5度変位

単純ですよね。

メジャーコードのときは「シャープファイブ」の方が重要という話でしたが、今回は「フラットファイブ」の方が圧倒的に重要です。というか「マイナー・シャープファイブ」というコードは、基本的にコード理論の世界では亡き者となっています。1

逆に「マイナー・フラットファイブ」の方は理論上も実践上も非常に大きな意味を持っているので、今回はそちらだけにフォーカスを当てていきます。

#2 VIIと再会する

マイナーフラットファイブというコードは、以前にも登場しています。ドレミファソラシドの「シ」をルートにしてコードを作った時に現れるのでした。

変なやつ

自由派では基本のコード群から除外されていたんでしたね。ここへ来てようやくの再会です。今ならもうすっかり分かることですが、もしシをルートにしてマイナーコードをつくるなら、シ・レ・ファと行かないとダメなんですよね。このシ・レ・ファだと、第五音が半音下がっている。だからフラット・ファイブということです。
フラットファイブした結果、このコードは「シ-ファ」というトライトーン関係を有することになりました。これは最も不安定な度数関係ですので、このコードは強烈な不協和音になります。

VII番目の和音の使い方

この和音の良さが活きる進行というのは限られていて、ルートを強進行させてIIImIIIに進むこと。

VIIm(♭5)III7VIm

楽譜で書くと下のようになります。

VIIの用法

ルートの動きに着目すると、強力かつ聴きやすいB型の接続(完全4度上行)が2回続く形になります。だから聴き心地が良いし、フラット・ファイブの不安定さからIII7の持つ感情の昂りへと繋がり、最後はVImに着地するという流れも、パーフェクトな展開ですよね。この進行はかなり感情を揺さぶる感じがあるので、ポップスではバラードでよく活用されています。

VIIの和音の機能

またVIIm(♭5)は音楽理論上のちょっとしたトラブルメーカーでもあり、流派によって機能分類が異なります

  • ライトなポピュラー理論
    V7と同じくトライトーンを有するのでドミナントである。2
  • バークリー系ジャズ理論
    トライトーンを有する点においてはドミナントに近いが、V7と同機能とまでは言えず、曖昧である3
  • 20世紀の古典派理論
    長調においては基本的にV7のルートが抜けたものと考え、ドミナントとみなす。平行短調を基準に見るとサブドミナントとなる。4

もう何度も述べていることですが、こうした特殊な和音の機能にこだわること自体が無意味です(その定義そのものが曖昧なのだから)。自由派では、上で紹介した「IIIの前座役」という定石があること、ほかいくつかの理由から便宜上サブドミナントに分類しますが、これを唯一正しい見解と唱えるものでは決してありません。

#3 セブンスコード化する

トライアド版を学んだばかりですが、早速これをセブンスコードにしてしまおうと思います。やり方はほか6つの基調和音と同じで、音階にそってもう一段“お団子がさね”をすればよい。

マイナーセブンスフラットファイブ

「フラットファイブ」はあくまでも付加的なもの、修飾品であるので一番最後に付けて、「マイナーセブンス・フラットファイブ」となります。これまで親しんできたメジャーセブンス、マイナーセブンス、ドミナントセブンス以外に臨時記号なしで作れる最後のお団子コードがこのVIIm7(♭5)です。

セブンス化によるサウンドの変化

6つの基調和音やパラレルマイナーコードはセブンスコード化することでサウンドがより複雑でリッチになりました。それはこうした他のコードについても同じです。

ただVIIm(♭5)にはセブンス化する意義がもうひとつあって、それはサウンドのバランス強化です。コードトーンがシ・レ・ファの3人だけだと、3人のうち2人でトライトーンを演出していて、サウンドの基盤を支える存在みたいなものが弱すぎます。そこでラの音を加えてあげることで、レとラの間には「完全5度」というどっしりした度数関係が生まれ、音響的にいくらかのパワーが生まれるわけです。これは言語化しづらいところですが、トライアド状態のVIIm(♭5)は、サウンドとしてちょっと「貧弱」な状態にあるのです。

マイナー・フラットファイブは、実際にはこうやってセブンスコードで使う方がずっと一般的です。


「右手が まっすぐな想いを 」のところのコードの流れが、まさに上の7-3-6進行になっています。この「揺さぶり」はフラットファイブの力です。

こちらもサビ、「時よ止ま」のところでVIIm(♭5)に突入します。そこから先はやっぱり、III7VImと続きますね。II章までのコードでは踏み込めなかったレベルの感情の揺さぶりを、マイナーセブンスフラットファイブはもたらしてくれます。

「6つの基調和音」ではトライアドはトライアドの魅力というのがありましたが、VIIm(♭5)の和音に関しては、セブンスの方が圧倒的に優位というか、とにかくトライアド版は響きが貧弱なので、「理由がなければセブンスで」という感覚でよいかと思います。

IIm(♭5)とも再会する

今回はVIIがルートのものだけを集中的に取り扱いましたが、他のいくつかのルートでもマイナー・フラットファイブが使える定番形は存在します。例えば「パラレルマイナー」の回では、IIm(♭5)というコードがいました。

除外

ここへ来てまたも再会です。改めてコードトーンをみると、♮ラが♭ラに変わっていますので、キャラクターとしてはIVmに近いところがあります。切なさを生むんですね。IVmがIVとの入れ替えで導入できるのと同じように、IIm(♭5)は、IImが入るような場所に、代わりに入れることができます。

IV7IIIm7IIm7V7I
IV7IIIm7IIm7(-5)V7I

上は普通に4-3-2-5-1の進行を弾いただけのもの。対して下は、IIm7のところがIIm7(♭5)に変わっています。まさにサブドミナントマイナー的な哀愁ですね。VIIとII。まずはこの2つのディグリーで、マイナー・フラットファイブのサウンドに親しんでいくとよいと思います。

まとめ
  • マイナーコードの第五音を半音下げると、「マイナー・フラットファイブ」というコードが得られます。
  • トライトーンを有していることが特徴で、非常に不安定な響きがします。
  • そのサウンドの貧弱さを補うため、セブンスコード化した「マイナーセブンス・フラットファイブ」が頻用されます。

Continue