教会旋法の総括

メロディ編 Ⅲ章:音階の探究
残りの2つ

さてさて話を戻しまして、ここまででドリア・ミクソリディア・フリジアの3つを紹介しました。これで残すところは「リディア旋法」「ロクリア旋法」なのですが・・・、

残り2つ

どちらも響きがかなり特殊です。ポピュラー音楽の世界での活用法が、他3つと比べてだいぶ限られてくるので、この記事内でまとめて紹介します。

#1 ロクリア旋法

ロクリア旋法は、マイナー系の旋法。フリジアンと似た重苦しさがあるので、ちょっと並べて比較します。

比較

ご覧のとおり、マイナースケールが一段階暗くなるとフリジアン、そこからさらにもうひとつ暗くなるとロクリア旋法ということになります。「完全5度」が「減五度」に変わりました。そのためロクリア旋法は、モーダル・トニックから「お団子がさね」で和音を作ると、マイナーフラットファイブのコードになってしまいます。

ロクリア旋法の主和音

だから他の旋法と違って、「とにかく主和音を鳴らしていればそこがキー・センターになる!」という“黄金の方程式”が成り立ちません。主和音を鳴らしていても、調性感がしっかりと確立されません。この点において、ロクリア旋法は圧倒的に特異で難しい存在なのです。ロクリア旋法で一曲を成立させるには、「コード進行」という考えで見るよりも、旋律の重ね合いで曲を作っていくとよいです。

このようにひたすらモーダル・トニックを中心にしたフレーズを重ねていけば、狙いどおりの位置をリスナーに中心だと感じさせることができます。フリジアンよりもさらに重苦しい、宗教めいたようなサウンドが生まれます。少し日本古来の音階に似たところがあって、日本人にとってはやや親しみやすいかもしれません。

旋律を作る際のポイントは、マイナースケールと共通していてフレーズに絡めやすい、3・4・7番目の音を上手く使ってあげることです。

トーナル・センターの安定化

この3つの音を主和音とうまく絡めれば、モーダル・トニックがトーナル・センターであると、リスナーに感じさせることができます。先ほどのサンプルのような独特な雰囲気を生み出したいときに、この旋法を持っていると強いですね。

#2 リディア旋法

リディア旋法も、トーナル・センターの植え付けが非常に難しい。ちまたで「リディア旋法の曲です!」なんて紹介されているものであっても、たいていはきちんとトーナル・センターを確立できていません。

リディア旋法無理

こういうこと。Fリディア旋法の曲ですなんていっても、結局ただのCメジャーキーになってしまう。モーダル・トニックが、フリジア以上に負けやすいです。
ですから「一曲通してリディア旋法」というのは、ポップスの世界では無い出来事だと思ってしまってよいです。少なくとも、これまで紹介したドリア・ミクソリディア・フリジアとは大きな開きがあります。

こちらは色々がんばってFリディア旋法を構築しようと試みたもの。時たまFがトーナル・センターに感じられる瞬間もありますが、最後のFのコードのところ、いまいちトニック感がありません。やはりFGの進行を聴いただけで私たちはもう「Cがキー・センターだ!」と感じてしまうので、これは相当むずかしいのです。

ただ、一曲まるまるではなく、一時的に、部分的にリディアンスケールを使うことなら十分に可能で、特にジャズでそのような手法は用いられますので、それだけは紹介しておこうと思います。

部分的リディアンスケール

リディアンスケールは、メジャースケールに近い明るい系の音階です。まずは、メジャースケールとの違いを決定づける「特性音」の確認をしましょう。

リディアンの特性音

ハイ。「メジャースケールの第Ⅳ音をシャープさせたものがリディアンスケール」ってことですね。これは強傾性音の消失という点ではドリアンスケールと似ています。クラシックさがなくなり、ちょっと浮ついた感じが生まれる。
このCリディアンスケールでいうと、♯が1つ付くということで、Gメジャースケールと同じ構成音ですから、うかうかしてるとすぐGにトーナル・センターを取られてしまうってことです。

では、ジャズの文脈にのっとって音源を作ってみますかね。ジャズで定番のIImVIの進行で、まずは普通にCメジャースケールのソロを弾きます。

強傾性音であるファをたくさん引いたせいで、不安定ですね。ここから、コードがIの時だけ第Ⅳ音を半音上げて、リディアンスケールに交換するとこうなります。

シャープされたことによって傾性を失い、浮き足だった感じになりました。何だか妙にワクワクする情感がありますね! それがリディアンの持ち味であり魅力です。こうやってトゥー・ファイヴ・ワンのような明快なコード進行上で部分的に使ってあげるだけならば、Gにトーナル・センターを取られることもありません。

こうやってIM7上で部分的にという条件下であれば、リディアンスケールはとてもカジュアルに使うことができます。しかしやっぱり歌曲のメロとかに使うには明らかに浮き足立っているので、使われることは滅多にありません。


さて、これで教会旋法はひととおり説明し終えました。ただ、ドリア・ミクソリディア・フリジアには、まだ紹介できていない別の使い方がそれぞれあります。ですからここからは、ここ数回の総括ということで3つのモードの特徴を復習しながら、同時にその「残りの部分」を紹介いたします。

#3 ドリア旋法の復習

まず教会旋法で最も使い道の幅広いドリア旋法。

ドリアンを作る

なまえ Dorian Mode
系統 マイナー系
特性音 ♯した第Ⅵ音
曲想 民族的、異国情緒

たまたまケルト音楽で使用される音階と合致しており、そのせいなのか異国情緒が漂う。それがドリア旋法でした。

お手軽に「民族っぽさ」を演出できて、しかも「アラビアの音階」みたく特定の民族を想起させることがないため、ゲーム音楽のBGMでは引っ張りだこなんでしたよね。

ドリア旋法とコード

主な使用コードもまとめておきましょう。

コードまとめ

再確認すると、たとえ「共通コード」にまとめられているコードでも、実際の使用頻度には開きがあります。ドリア旋法では、IIImの使用頻度があまり高くありません。
Vのコードにカッコがついているのは、セブンスまで乗せたときに通常のAマイナーキーにはないメジャーセブンスのサウンドが出来てしまうからでした。トライアドとして使うぶんには、十分自然に導入できますし、実際の使用頻度も高いです。

ジャズやロックとドリア旋法

ではここからが、隠れた用法の紹介です。そんなドリア旋法、必ずしも民族調の演出だけに使われるわけではありません。ロックやジャズの即興演奏の際に、よく使われるのです。その場合、コードはVIm一発でそこにアドリブを乗せていくようなものがふつう。


こんな感じですね。つい先ほどのリディアンモードとおんなじで、傾性の強い「ファ」の音がなくなることで格段に演奏がしやすくなるのです。それが、即興演奏においてドリア旋法の好まれる理由のひとつでもあります。実際の曲例としては、マイルス・デイヴィスの「So What」、イエスの「Close to the Edge」など。

教会旋法はいずれも、ポピュラー音楽に取り入れられる中で、本来とは違った役割を得ています。面白い話ですね。

#4 ミクソリディア旋法の復習

次はミクソリディア旋法をおさらいしましょう!

Cミクソリディアン

なまえ Mixolydian Mode
系統 メジャー系
特性音 ♭した第Ⅶ音
曲想 大胆・豪快・明るい

メロディ構成においてとても大事な傾性音である「導音」が半音下がり、トーナル・センターとの関係が「全音差」になる。そのため、半音進行の滑らかさが消失し、結果として「豪快」だったり「あっけらかんとした明るさ」が生まれる。それがミクソリディア旋法でした。
サウンドやメロディラインの選び方次第では、ポップな感じにもロックな感じにもなります。

「シ♭・ド・レ・ミ」の全音差4連発のラインを強調すればファニーな感じになり、「ファ・ソ・シ♭・ド」あたりを中心にするとロック風になるんでしたね。

ミクソリディア旋法とコード

ミクソリディア旋法とセットで使用する主なコードは以下。

コードまとめ

IImとVImは暗くなってしまうので、実際の使用頻度は低め。補助コードを使いすぎるとドンドンCマイナーキーに寄っていくので、バランスが重要という話でした。
ドリア旋法の楽曲は割と多彩なコード進行で表現したりしますが、ミクソリディアとフリジアはシンプルな方が、旋法の魅力が出やすいです。

ブルースとミクソリディア

ミクソリディアの用法でまだ説明していなかったのは、ブルースでよく使われるということです。


ブルースは、Cの代わりにC7を使うことでお馴染みの、ちょっと音楽的には変わったジャンルです。それで、コードがC7の時にソロを弾こうとすると、自ずとそこにミクソリディアンスケールが生じることになります。

ブルースC7

ブルース音楽が持っている独特の明るさは、この「導音の消失」による影響があるのです。シに♭というのは、「ブルーノート」でも登場しましたね。そこと通じるものが、ミクソリディアにもあるわけです。

#5 フリジア旋法の復習

最後は、ついこないだやったフリジア旋法です。

フリジア旋法

なまえ Phrygian Mode
系統 マイナー系
特性音 ♭した第Ⅱ音
曲想 重たい、どんよりする

本来は上方へと引っ張られるはずの「シ」の音がフラットすることにより、下方への傾性の方が強くなる。その結果、「大地にへばりつくような重さ」が生まれるのがフリジア旋法でした。ドリア・ミクソリディアと比べるとトーナル・センターを確立しにくいため、コード進行はかなりシンプルにしてあげるのが良いんでしたよね。

こうやってピアノ曲で使ったりすると、かなり淀んだ重たい雰囲気が出ます。そしてその重さゆえ、昨今のEDMととても相性がいい。


独特の重さを活かしてあげることが、フリジア旋法のポイントでした。

フリジア旋法とコード

フリジア旋法の主な使用コードは以下です。

コードまとめ

そうは言っても、実際にはVImとVIIだけ使えば十分で、余計なことをするとドンドン調性感が揺らいでしまって、気持ち悪くなる危険があるという話でした。

スペイン音楽とフリジアン

「重たさ」が基本のフリジアンなのですが、このVImVIIの反復を、ちょっと速めのテンポで演奏するとどうなるでしょうか?

なんだか、ちょっと毛色の違う感じがします。これは、何かを私たちに想起させる音色です・・・どこかで聞いたことがある・・・

そう、なんかスペインあたりのダンスみたいなやつだ! フラメンコ風になるってことですね。当然このコード上にソロを乗せる場合はフリジアン・スケールがピッタリになりますから、そうすると同じフリジアンでも、生み出される雰囲気は全く変わってきます。

まあ根本にずっしりした重さはあるのですが、加えて情熱的な感じになっていますね。これをもって「フリジアンは情熱的なスケールだ」と説明する人もいるんですけど、個人的には違和感を覚えます。
これはスペイン風のリズムやサウンドに支えられてこうなっているのであって、やはり音楽的に見れば、フリジアンとは導音の喪失であり、重力の増加。それにより「重み」や「影」が生まれる、と認識するのが良いと思います。

スパニッシュ・スケール

せっかくなので紹介してしまうと、このフリジアンスケールに一音加えると、「スパニッシュ・スケール」と呼ばれる音階になります。やっぱし文化的にはスペインの音楽に近かったんですね!

Eフリジアンスケール

Eフリジアン

Eスパニッシュスケール

スパニッシュエイト


1オクターブ中で8つの音を使うことになるので、これは「八音音階」です。それゆえ、このスケールは正式名称を「スパニッシュ・エイトノート・スケール」と言います。
Eマイナーを作るソの音と、Eメジャーを作るソ♯の音が混在する形になるので、非常にユニーク。クラシックやポップスにはない雰囲気が作り出されます。こういう、「コード的な視点で見るとおかしな音階」というと、こないだやったアラビアの音階なんかも思い出しますね。

こちらがスパニッシュ・エイトにしてみた例。やっぱりちょっとアラビアっぽい感じがしますが、これはスペイン音楽の音階。民族音楽というのは、奥が深いですね・・・。

#6 旋法同士の関係

Ⅲ章でやってきた旋法たちは、ドレミファ順に並べるのでなく、その音の違いに着目してあげるとその全体像が見えやすいです。メジャースケールに近いのかマイナースケールに近いのか、そこから音が浮き上がっているのか沈んでいるのか。そういった観点から、明るい順にスケールを並べていくと、以下のようになります。

チャーチモード・チャート

そう、こうやって一音ずつずらしていくと、全ての旋法を網羅することになります

トーナル・センターに対して長3度・完全5度の音を含んでいるのが明るいメジャーグループの音階たち3つ。「ミクソリディア」から3rdの音が下がって暗く転じると、「ドリア」になってマイナーグループに突入します。完全5度を失ったロクリアは、さらに不安定な構成になる。
このようにして並べると、浮きすぎている「リディア」と沈みすぎている「ロクリア」が、最も曲を構成するにあたって難しい音階であることも頷けます。

情報量が多いですが、すごく大事な一覧表です。音の世界が互いに繋がっているような感覚を覚えますね。


教会旋法は「四抜き」なんかと比べると曲想がめちゃくちゃユニークであるがゆえ、個性は出しにくいです。ミクソリディアを使った瞬間もう、分かる人には「ああ、ミクソリディアで豪快さを出しに来てるのね」と思われてしまいます。だから教会旋法を使う時には思い切って開き直り、そして歌詞やサウンドなど別のところで勝負しましょう。


さて、メロディ編III章はこれで全てです。準備編のメジャースケール、マイナースケールから始まり、I章では「四七抜き・四抜き・二六抜き」。ⅡI章前半で「ブルーノート」に「ハーモニックマイナー」「メロディックマイナー」「ホールトーンスケール」を学び、後半では5つの教会旋法と「スパニッシュ・エイト」を手に入れました。これでもうなかなかの上級者です!
IV章はまたメジャースケールに話を戻し、II章でやった「コードトーン/ノンコードトーン」の理論を突き詰めていくことになります。かなり繊細な内容になるので、先にコード編のIV章を読み進めることをお勧めします。

総括

  • ジャズ風の表現の中で、Iのコード上でリディアンスケールを一時的に使うことができます。
  • 教会旋法は複数のジャンルで使われており、表現の仕方によって印象が変わります。
  • 教会旋法は、リディアからロクリアまで一音ずつ変化していくような関係性になっており、そのように認識すると、各旋法の立ち位置やアイデンティティが理解しやすいです。
メロディ編 Ⅲ章はここで修了です! おめでとうございます。次にどの編へ進むか、あるいは制作や分析の期間を設けるかを考えながら進んでください。

トップへ戻る