接続系理論 ❼ E¹の諸用法

音楽理論 接続系理論

さて、ようやくここまで来ました。最後に解説するのが、「E型」です。3度上行でElevate(浮上)するのがE型でした。

移度3級

E型は、その妙に落ち着かないフワフワした感じが独特で、「ソフトな効果をもたらす」などと称されます。1
クラシックではIIIImを除いて他はすべて非使用、ジャズでも「弱い進行」と評されます。しかしE¹の方に関しては、ポップスやダンス音楽で非常によく使われていますから、まずはそちらの使い方を見ていきましょう。

§1 E¹の接続

E¹に所属する進行はポップスで幅広い用例があり、現代の「一般的なポピュラー音楽理論」では禁則という認識はないはずです。

E1

IIIImIVVIm、それぞれ個別に紹介していきますね。

I → IIIm = 微かな哀愁

まずIIIImについては、落ち着いた聴きやすさがあって、ポップスのAメロなどで普通に使われる接続であり、3度上行の中でも例外的にクラシック時代から認められ、広く用いられている存在です。2

サウンドとしては、同じTDのモーションであるIVと比べると移動量が少なく、またマイナーコードになるため、若干哀愁めいた曲想が生まれます。

Help!のメロ冒頭(When I was younger so much~)がIIIImですね。このクイっと持ち上がる感じがE型の魅力です。

こちらは恐ろしいほどのアイドルスマイルが印象的なMVですが、サビ・Aメロ共に出だしのコード進行がIIIImです。IVだと明るくってパワーがありすぎる、「恋の切なさ」が足りないなんていう時に、代案として使うイメージですね。

その適度な切なさはK-Popでも引っぱりだこ。こちらは韓国・日本・台湾のメンバーから成る多国籍アイドルグループTWICEのシングル曲。これまたAメロ、サビ共に始まりがIIIImです。この「押し出しすぎない情感」はIIIm特有のもので、ポップスとの相性がすごく良いコード進行です。クオリティ・チェンジをしてIIIに変えてあげてもいい感じですよ。

IV → VIm = 静かな感情の露出

IVVImの方も、J-Popでこそあまり聴き馴染みがないですが、EDMやテクノといった電子音楽系のジャンルや、R&Bなどでは普通に使用されます。特に電子音楽にはBGMとしての側面がありますから、あんまり情感豊かに進行すると主張が強すぎて良くないなんて時もあって、そんな時には共通音が多く変化の少ないE型が活躍するのです。

まず古めの曲からの紹介になりますが、「Scatman」なんかはその代表例。あえて変化の少なく感じられるコード進行になっています。

4655

4から6への静かな流れ。このパターンは、電子音楽でよく使用されています。

一世を風靡したお騒がせ男ジャスティン・ビーバー、世界一稼ぐDJカルヴィン・ハリス、そしてイギリスの新進気鋭トラックメイカーであるムラマサ。いずれもスキャットマンと同じIVVImVVという進行がずっと使われています。
ジャスティンの曲は「ごめんね」と、カルヴィンの曲は「俺を責めないでくれ」と繰り返す、どちらも女々しい系の失恋ソングですから、C型やE型のゆったりした流れが非常によくマッチしています。ムラマサの曲も、タイトルのとおり、“複雑”な心情を表現した曲ですので、抑えめの進行がよく似合う。

イメージとしては、IVVVImという定番のコードからVを省いてしまって抑揚を消しているという感じで捉えるとよいでしょう。

GO ELEVATE!

4-5-6だと、ベタに感情を煽りすぎって時があるんですね。大人な穏やかさを出したかったり、メソメソした表情を出したい時には、E型の方が似合うってわけです。

ダンスミュージックにはダンスミュージックのお約束があるってことだな!

そういうことです。ダンス系だけでなく、他ジャンルの例も見てみましょう。

結婚式ドッキリ風のMVがとっても素敵なこちらの曲は、アメリカで大人気のロックバンド、Maroon5の「Sugar」という曲ですが、一曲を通して単一のコード進行が使われています。それがこちら。

4621

J-Popでは滅多に見ることのない組み合わせですね。オトナかつファンキーな感じを演出するにも、E¹はピッタリ。ベタに盛り上げすぎていない感じが洗練されていますよね。ドミナントを全く使っていないことも、落ち着いた感じの要因のひとつになっています。

「Sugar」と全く同じ4-6-2-1の進行が、宇多田ヒカルの「光」のサビにも使われています。宇多田ヒカルの曲には、すごくJ-Popらしく感じられるものとアメリカっぽいのと両極端だと思うのですが、その差を作っている要因のひとつが、コード使いの差。この曲は、J-Popらしからぬ接続がたくさん使われているのです。
ダンスやエレクトロニカの世界には、IVVImを行き来しているだけの曲だってたくさんありますね。

こういうサウンドで楽しませるようなダンスミュージックであれば、コードの展開性一切不要ということで、2コードだけで十分成り立ちます。これは重要なことなのですが、音楽を展開させるものはコードだけではありません。リズムで聞かせるもの、サウンドの展開で聞かせるもの、様々です。抑揚のないコード進行が活きる場面だってあるのです。
そして、クラシックやジャズにないタイプの進行だからこそ新鮮に聴こえるという側面も多分にあります。それはブルースもロックもそう。どのジャンルも、“自分たちの定番”を形成していく中で、ジャンルとしての個性を確立してきたのです。

まとめ
  • Elevate Nexusは、D型と対になる存在で、浮上感がある代わり安定感に欠ける存在です。
  • しかし現代の音楽では、その大げさすぎないキャラクターが丁度よく、様々な場面で使われます。
  • ダンス音楽ではIV-VImが、ポップスではI-IIImが定番です。I-IIImは、クラシック時代から認められています。

Continue