接続系理論 ❸ C型の諸用法

音楽理論 接続系理論

接続系統は、全部で5種類。今回扱うのは、使い方がいちばん分かりやすい「C型」からです。

移度2級

2度上下の移動をひとまとめにしたクラスでした。移動自体は穏やかだが、構成音が全て入れ替わるため、おしなべて彩り豊かな印象が生まれるという話でしたね。

C¹の接続

C¹の接続は、「コントロール・ファクター」の回ですでに音源で紹介しました。

IIImIIImIV
IImIIImIVV

上が1-2-3-4の進行、下は2-3-4-5ですね。どちらもC¹だけを使ったコード進行です。前者やAメロ、後者はBメロによく使われる動き。あるいは、VImから順にIまで落ちていくような動きも定番です。

6-5-4-3-2-1と下っていく、とても滑らかなコード進行です。

C²の接続

C型には、要注意の“2族”が2つありました。いったい何が要注意なのかを確認しましょう。

C2

この2つに共通しているのは、ドミナントからサブドミナントへ下行していることです。これは、「高揚の抑制」というやや独特な曲想を生むものでしたよね。

TDS

ドミナントは不安定さのピーク。そこで一旦「やや不安定」に戻ることには“焦らし”の効果があるということでした。古典派クラシックではこのような“焦らし”は「お約束」に反するとして、禁則扱いになっています。その流れを汲む一般音楽理論でも、やはり禁則として紹介されることが多い。その際にはこれを逆進行Retrogressionと呼んだりします。

C²の危険性

C²は、使い方次第では良くない結果を生みます。特に、TSDと順当に“高揚の階段”を登っているような場面では、聴き手は次にトニックへの解決を求めますから、それを裏切ることはけっこうなチャレンジです。

VImIImVI
VImIImVIV

上がベタな6-2-5-1で、これはやっぱり聴いていて心地よさがありますね。そして下が6-2-5-4と進んでみた例です。これはちょっと違和感があるかも。ココで「高揚の抑制」を行うだけの理由が欲しいかなというところ。歌詞なりメロディラインなり、展開性なりで納得させる工夫が必要になりますね。

音楽と慣性

ですから、少し話はそれますけど、音楽の動きには「慣性(Inertia)」があるということです。T-S-Dと「時計回り」を続けていると、自ずと聴き手も時計回りに慣れていき、次はまたTが来るのではないかと自然に予期してしまう。

慣性の法則

だからこの慣性に逆らってT-S-D-Sと進むのは、違和感が起こりやすい。逆にT-D-と「反時計周り」で進んでいれば、その次にSを挿し込むことは比較的容易なのです。

反時計の慣性

このような聴き手の“先の展開を予期する本能”と、作り手がそれに応じるか否かというのは、大衆性・芸術性のバランスをとるうえで重要ですね。日本ではあまり馴染みがないですが、このような認知に基づく音楽理論は一般的に存在しています。1

C²の活用例

C²は、古典クラシックでこそ使わないけれども、現代では普通に愛用されている進行です。特に、上から2度ずつゆったり降りていくような進行であれば、全く違和感のカケラもありません。それはやっぱり、「順に降りてきている」という「慣性」によるサポートも影響していますね。

VImVIVI
IVIIImIImI

こんな風にね。とても穏やかで美しい流れです。こんなに自然であっても、古典派クラシック理論では原則非使用です。だから逆に、モーツァルトみたいな雰囲気の曲を作りたいときには、こういうのを封印するといいかもしれませんね。

ブルースとV-IV

ブルースやロックンロール、パンクといったジャンルでは、IVIVIのような流れもひとつの定番です。こういうジャンルからしたら、V-IVが禁則なんてとんでもないという話。

IVIVI

イメージとしては、クッキリした強進行であるVIの間に、中継地点、クッションとしてIVを挟んでいる感じです。だから、VIよりも柔らかく穏やかに感じられます。

V-IV-Iのクッション


童謡「ともだちになるために」の冒頭でもこの進行が見られます。「友愛」というテーマがもつ穏やかな美しさを、VIVの“クッション”が見事に表現しています。

感動系BGMとしてもおなじみ、ベット・ミドラーの名曲「The Rose」ですが、こちらもAメロがIVIVVIという進行で、やっぱりこの「クッション効果」が柔らかく穏やかな雰囲気にとても貢献しています。

こういう老若男女が親しむような曲であっても、古典派の「禁則」が効果的に破られている例はあります。けっきょく名曲と呼ばれるかどうかは、「表現したいもの」と「曲想」が正しく合致しているかどうかなのです。いくら権威ある確立された理論だとしても、時代の変化には勝てません。我々の感覚も、ドンドン変わってきているのです。

補遺

ところで、ドミナントからサブドミナントへの逆行が要注意なら、IIImIVだってC²に分類すべきでは? と思った方がいるかもしれません。なかなか鋭いですね。

しかしこの接続に関しては、非常に聴き心地の良い進行となっており、特別注意する必要はありません。理由は科学的にハッキリしているわけではないのですが、以下のような要因が考えられます。

  • ルートの移動がなめらかな半音移動である
  • 下行ではなく上行なので、「逆に戻った感じ」が薄い
  • 「二重人格」のIIImが、この際にはトニックらしく感じられる
なめらか

こうやって「例外」的なものが登場してしまうと複雑に感じてしまいますが、コード進行の質感というのは本当にたくさんの要素から決まって来るものなので、こればかりは仕方のないことです。
そんなわけで、C型については、C²は2つだけ。それも大して怖いものではありません。割と普通に使えます。ただ、「慣性」の話はきちんと理解してもらって、無意味な「高揚の抑制」は控えるのがよいでしょう。

この節のまとめ
  • 2度で上下するClose Nexusは、穏やかな曲想を生みます。
  • それと同時に、コードトーンが全交換となるため、彩りが豊かな印象も与えます。
  • C²に分類されるV-IVとIIIm-IImは、「高揚の抑制」という特別な効果を持っています。
  • 6-5-4-3といった「慣性」の中であれば、C²は何ら違和感なく使えますし、とりたてて気にかける必要はありません。

Continue