コーダルとモーダル

メロディ編 Ⅱ章:旋律と和音
Information

今回は「新しい言葉を知る」回です。

メロディメイクのうえで極めて重要な、コードとメロディの関連性について論じます。I章ではコードと独立してメロディだけで理論を展開しましたが、そこから大きく一段階レベルアップしていくことになります。

作曲の根本を成すコンセプトですから、ジャンルを問わず最重要です。


さて、ここからはいよいよコードとメロディをセットに考えて、その関係性に踏み込んでいきます。その時大事になってくるのが、「コーダルChordal」と「モーダルModal」という言葉です。

#1 コーダル・モーダルとは

「コーダル」は、その綴りからもわかるとおり、背景にあるコードによくマッチするような音を中心に選んで構成されたメロディを形容する言葉です。

対してモーダルは、モード(Mode)の形容詞形。「モード」は日本語では「旋法」と訳されます。「旋法」というのは、現段階では「音階」とほぼ同義と思って頂いて構いません。

モーダルなメロディとは、コードにあまり左右されずに旋律自体の構造・流れを優先して造られたメロディを形容する言葉です。一曲の中には、モーダルなところもコーダルなところも混在しているのが普通ですし、モーダルかつコーダルであるようなメロディもあります。

I章でやってきた内容ではコードの話は一切出てきませんでしたね。ですからI章で学んだメロディ作りのノウハウというのは、「モーダル」な方の知識といえます。

  • コーダルな旋律 コードとの関係性を重視して作られたメロディ
  • モーダルな旋律 メロディ単体のカーネルを重視して作られたメロディ

このII章では、いくらかコードの知識を前提として、「コーダル」なメロディ作りとは何であるかを学んでいくことになります。

#2 コード・トーンとNCT

では、「コードにマッチする音」とはどういうことでしょうか? それは簡単で、コードの構成音Chord tone/コード・トーンになっている音のことです。

普通のメジャーコード・マイナーコードであれば、ルート・3度・5度の音がコード・トーンとしてあります。この3音が非常によく協和する(綺麗に響く)のに対し、2・4・6度の音は何かしらの濁りを生みます。

濁り

7度の音は、「濁り」はあるのですが、2・4・6度の濁りと比べると許容しやすく、ちょっと微妙な立ち位置にいる度数です。また、1〜7各度数の響きはもちろん違っていて、それぞれの「意味合い」も「濁りの度合い」も違います。

例えばコードの3rdは明暗を決定する音、5thは無色透明なんていうのは、コード編のはじめの方でも説明しましたよね。度数による質感の差は、2・4・6度にもあります。

コード・トーン以外の音はノン・コード・トーンNon-Chord Toneと呼ばれ、NCTと略記されることも。コード・トーンとNCTを区別し、意識することがコーダルな作曲には必要になってくるのです。 I章の段階では、そこまで細かく言うと窮屈になっちゃうし、コード理論も知らない前提だったので、隠していました。ですからこの「メロディ編・II章」は、もうあからさまに細かく、目に見えて上級レベルの世界に突入していくことになりますよ。

モーダル or コーダル

さて、モーダルとコーダルどちらが似合うかは、ジャンルによって変わります。クラシックやポップス、特にバラード系なんかは、コードに合わせた音を選んで情緒的にすることが多いです。

特に古典クラシックはコーダルの意識が最も顕著です。NCTを使う場合には幾つかのルールがあり、好き放題にNCTを使うのは良くないとされています。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のメインメロディなんて、全てコードトーンで作られていますからね。

ナハトムジーク

これってつまり、メロディを弾いている間全く濁りが生じないってことですからね。澄み切った響きがするわけです。2

上はポップスからの一例。「サラバ、愛しき悲しみたちよ」もコーダルなメロディの典型です。コードの変化に合わせて音の高さが変わっていき、それぞれのコードが持っている明るさや暗さがより一層引き立っている感じがするのが分かるでしょうか?

コーダルなメロディは、言ってみればコードときちんと協力して、二人三脚でサウンドを作ることになりますから、うまくハマった時には聴覚的にもかなり気持ちよく、パワーを感じます。ただ、コードに振り回されて肝心のメロディラインが微妙になってしまうと、本末転倒ということ。コーダルな作曲は、上級者向けとまでは言わないにせよ、中級者レベルの方法論なのです。

対して、ロックやダンスといった近代的な分野では、モーダルに寄ることが多い。あまりコードに合わせ過ぎると、お行儀がよくって逆にカッコ悪いふうに聴こえてしまったりもします

宇多田ヒカルの「道」は、逆にモーダルな曲の典型例です。Bメロなんかほぼ一音でやり通してますし、「It's a lonely」連呼のところなんかも分かりやすい。 3回目の「It's a lonely」からコードが変わっているのに、メロディはそのまま。単調といえば単調ですが、でも変にコードに沿うよりも、同じ音程で連呼された方がなんだか説得力がありますよね。繰り返し訴えかけている感じが、よりよく伝わっています。

ココはコード進行でいうと{IV}→{V}と変化していますから、コーダルな考えで作るならメロディを変えないといけません。

上はメロディを下げてコードに沿った場合、下はメロディを上げてコードに沿った場合です。確かに響きの変化はクッキリ見えますが、純粋にメロディとしてダメですね。シンプルにダサい。これではメッセージ性が弱くなってしまうでしょう。そう、コードとタッグを組めば必ず良い結果が得られるという話でもないのです。メロディ理論はそんなに単純ではない。

コーダル・モーダルは、どっちがイイとかどっちが上等とかいう話ではありません。ジャンルや曲のテーマによって変わります。ただやっぱり、「モーダルな目線で見てもコーダルな目線で見ても素晴らしい」というメロディは、名曲に仕上がることが多いですね。

だからモーダルオンリーの作り方から一歩先へ進み、コードとの関連性も意識できるようになっていく。そして必要に応じてそれを使い分けられるようになれば、やっぱりそれが最強です! それがII章の目標です。

この節のまとめ
  • メロディは「コーダル」なものと「モーダル」なものの2種類に大別できます。
  • コーダルなメロディは、コードの響きをよく引き立て、おしなべて情感が豊かになります。
  • モーダルなメロディは、コードよりも旋律自体の内容で表現が左右されます。
  • 2つを上手く使いこなすのが、良いメロディ作りのカギとなります。
Continue