Skip to main content

調性引力論 ❹ 声域区分法

さて、前回は「原質(カーネル)」という概念の紹介と、それぞれを最高音にあてた時の曲想の違いについて解説しました。しかしもちろん、最高音をチェックしただけではメロディを分析したとはとても言えない。他の部分をどんな風に見ていけばいいのか? その道しるべとなるのが、今回紹介する「声域区分法」です。

1 音域とメロディ構造

「トーナル・センター」と「調性引力」、そして「カーネル」という認識のもとメロディを分析していくと、特に歌モノのメロディラインが基本的に持っている、漠然とした「型」のようなものが浮かび上がってきます。

域

例えばこんな風に、下のソからオクターブ上がって、裏声ならさらにその上のミまでは出せるぞという人間がいたとして、この声域を、トーナル・センターであると、音階の中間地点であるファとソの間で声域を区分していきます。

区分

ドは接ぎ目ということで、上下両域に含めると捉えてもいいし、重複が気になるならどちらかだけに含めてもよいでしょう。

今回は4区分に収まったので上のようにラベリングしましたが、もっと声域が広ければ「最低域・最高域」を足すか、あるいは単に番号制にするとかで対応できますね。もちろん英語で「Lo・Mid・Hi」などと称してもかまいません。正直言って名前はさして重要ではなく、ポイントはオクターブを二分して区切っていくという考え方です。この区切り方を、「声域区分法」と呼びます。これもまた、自由派音楽理論独自のものです。

声域区分法はセオリー(理論)というより、分析や作曲の際に指標となる区分を作っておけば捗るというメソッド(方法論)であります。

ファ/ソというボーダーライン

なぜファとソが境目なのでしょうか? もちろん 「ドレミファ – ソラシド」という二分割だ、でもよいのですが、もう少し理由があります。

ファは強力な下方傾性を持っていますので、私たちがファを聴いて第一に予感するのは、下方へ進んでドへと収束していくストーリーです。一方それがソまでいくと、今度は上のトーナルセンターの方が近くなります。山登りで言うなれば、七合目あたりの”山小屋”に到着して、ふもとよりも頂上が見えてきたぞという場所です。オクターブ上の中心音への到達をはじめて予感させる場所が、このソという位置です。

ストーリーの方向

むろん実際の流れは前後関係次第ですが、ひとまずメロディ分析においてどこにボーダーラインを設けるのがよいかと考えた場合、それはこのファとソの間になるだろうという、そういう判断です。区分をすることで、音域のコントロールというものをより明確に意識することができるようになります。

低〜中低

low

例えばAメロはこの「低域〜中低域」を基本に据えれば、かなり安定感のある、定番のメロディラインが作れます。中心音(低い方)を中心に、あまり広がりすぎずコンパクトに構成すると、後に展開を残すことができますよね。

カーネルに関して言うなら、やはり「ファ」が一番強い情緒を持っていますから、これをどのタイミングで放り込むか、あるいは「四抜き音階」にしてしまうのかといったところで、センスが問われます。

場合によっては1つ上のレンジ、つまり「中高域」の音を跳躍進行でちょこっと入れてあげたりすると、スパイスになりますが、やりすぎると以降どうやって盛り上がりを作っていくかで悩むことになりますよね。そういうところの“配分感覚”が、こうして区切りを設けることでクリアになるのです。

中低〜中高

mid

それで、Bメロに行くと「中高域」の頻度を上げ、他方「低域」を減らしていけば順当な盛り上がりを得ることができます。この時点で上のトーナルセンターへの終止を使ってしまうのか、まだ節約しておくのかで、今後の配分が変わってくるわけですね。

ここで終止したらば、Bメロの段階でひとつの小さなクライマックスを迎え、サビは当然それよりも高い音で盛り上げることになる。一方ここで終止を節約しておけば、気持ち良いセンターへの終止を、サビのアイテムとして使えることになります。

中高〜高

high

でもってサビでは「高域」をしっかり使って盛り上がりを作るわけです。その使い方が「順次進行」なのか、あるいは「ストライド」を伴う跳躍なのか、また地声なのか裏声なのか。そういったことを考えていくことになります。

盛り上がるタイプの曲であればこの声域に留まりっぱなしでいいし、バラードでは適度に中低域を挟んでドラマ性を高めているパターンもよく見られます。

使い方は自由

もちろん声域区分法は、上記のような配分にする“べきである”と主張するものではありません。このような配分がスタンダードであると認識したうえで、それを破るのも当然アリです。ただ例えばAメロでがっつり高域を使うのであれば、サビまでのバランスをどこで補うのか? もしくはあえてサビを上げない曲にするのか? 考えた方がいいわけです。

実際問題、気ままにラインを作っていたら1オクターブを使い切るなんてあっという間です。たった7音ですから。

配分に問題あり

ですから、メロディ編の初回でバスケに喩えて説明しましたが、窮屈でも最初はちょっと意識して作った方が良いです。もちろん、「気の向くままに作って後から分析して、その反省点を次に活かす」という順序でも良いと思いますが。いずれにせよ、「あなたはいま山の○合目にいますよ、頂上まであと残り○○ですよ」というバランス感覚、その道標になるのが声域区分です。

1 2