音の長さと無音の意識

メロディ編 Ⅰ章:構造の分解

音域と5種類の進行全音と半音。これでタテに関する情報はだいぶ集まってきました。 次は、ヨコの関係に関するポイントを色々と探っていきます。

#1 長さの種別

当たり前の話ですが、メロディの音の長さは3つに分けられます。
  • 長い音
  • 短い音
  • 無音

当たり前すぎる話ですね。しかしコレも、「意識しつつ作曲する」ということが大事です。さっそく音の長さをフル活用した曲例を見てみます。

#2 ロングトーン

一つの音を長く伸ばすメロディは「ロングトーン」と呼ばれます。2 ひとつの音を長く続けるロングトーンは曲の中で大きなアクセントになります! 特に高音でのロングトーンはサビでの必殺技とでも言うべき存在。ロングトーンを活用した曲としてはたとえば… タマホームでおなじみのコチラがやっぱり一番ではないでしょうか。なにせメロディはロングトーン一音のみ。ピアノロール図で表すとこうです。
Burn
一本道。ひたすら長いロングトーンをウリにした曲は、他にもこんなのがあります。

複数のコードをまたいで音を伸ばすので、伸ばす音はその調の主音になることが比較的多いです(多くのコードと協和しやすいため)。実際、上の例ではみな主音で伸ばしています。長く伸ばす音というのは、やはり聴き映えがします。選択肢のひとつとして常に頭の隅に置いておくとよいです。

#3 短い音の活用

逆に、短い音主体でメロディを良く聞かせるのは少し大変です。その場合は、モチーフのリピート構造を駆使して特徴的なリズムの繰り返しを行って聴き手に印象づけるのが一般的です。 こちら、「パーパーパーパパ」というシンプルなメロディラインの繰り返しが印象的な一曲。車のCMで使われていましたね。やはり「シンプルなモチーフのリピート」はロングトーンに負けないくらいの印象強さを持っています。 あるいは逆に、複雑なリズムを利用するタイプの楽曲もあります。

こういう楽曲の場合、いわばメロディがリズムの補強役として存在しているわけです。メロディを含めた曲全体がリズム感を押し出す。ジャンルによっては、こういったメロディが好まれることもあります。 もちろん、そのリズムも口ずさめるような分かりやすいリズムだとよいですね。スムース・クリミナルなら、「タカタカタンタン」のリズム。

#4 無音を使いこなす

作曲ビギナーあるあるのひとつとして、「メロディを作る」ということに集中しすぎるあまり、隙間がなくなってしまうという事例があります。 適度な空白をフレーズとフレーズの間に用意することは、聴き手にそこまでのメロディを理解・咀嚼・記憶してもらう時間として非常に重要ですから、空白の役割を理解することは、メロディメイクの能力のひとつと言えます。
A Sky Full of Stars / Coldplay

メロ部分の空白時間の多さが特徴の曲です。空白部分にはボーカルのエコーが響き、それが暗い夜空の深さを思わせますね。ようするに、空白というのは重要な「音楽的表現」のひとつなのです。逆説的ですけどね。歌わないということを歌っているのです。

Perth / Bon Iver
2012年のグラミー賞を獲った名曲。メロ、サビ共に隙間がかなり多い曲です。やはりこういった「澄んだ空気感」を帯びた曲においては、空白が重要な役割を果たしています。

特にサビは歌詞が"Still alive who you love(あなたの愛する人はまだ生きている)"と象徴的で、その後の無音があることで、聴き手はその歌詞を受け止める時間がじっくりと与えられ、それが言葉の重みをいっそう強いものにしている感じがします。

Default /Atoms for Peace

レディオヘッドやレッドホットチリペッパーズのメンバー等が集まって結成したスーパーバンド。メロは0:44〜です。メロディの隙間がかなり広く、それを異常なくらいのリバーブ音が埋めているという特殊な例ですね。

残ってる / 吉澤嘉代子

洋楽に限らず、ポツリポツリとストーリーを語るような曲では、こんな風に適度な間を空けてあげることが、「語り」としての説得力が増しますね。この曲の場合、メロと比べてサビは空白が少なく、急き立てるような調子になっているそのコントラストも、表現として完璧にはまっていて、それがなお曲を魅力的にしています。

ミュージック / サカナクション

サビのメロディが「消えた」の一言だけという、とてもシンプルな曲。ダンス系音楽であれば、サウンドを聴かせるためにこれくらいメロディを絞ることは普通にあります。逆に、歌詞重視のJ-Popだと、おしなべて空白は少ない傾向にあるかなと思います。

いずれのジャンルにしても、「聴き手に受け止める時間を空けてあげる」という発想は重要です。 無音の時間があれば聴き手はその間にそこまでのメロディラインや歌詞を消化・整理することができますし、何より「ここで一区切りか」という明確な構成が見えるため、聴いていてストレスが生じません。

切れ目がわかりにくく延々と続くメロディというのは、(リズムが反復されていれば別ですが、)ストレスにさえなりうるものです。メロディを“作る”ことばかり考えていると、隙間が見えなくなりがちで、ビギナーは往往にして隙間のないメロディを作ってしまいがち。 効果的な無音を作れているか、聴き手はそのメロディ量を負担に感じないか。そういったところを少し意識するとよいです。

この節のまとめ
  • ロングトーンを活用したり、短いラインをリズミカルに反復したり、またそのメリハリなど長さへの意識も重要です。
  • 人間は「無音の時間」をもらうことで記憶・情報を整理します。メロの詰め込みすぎに注意。
Continue