ハーフディミニッシュの応用

コード編 Ⅳ章:新しい技法
Information

今回は「コードの使い方を知る」回です。III章でハーフ・ディミニッシュのコードを紹介しましたが、VIIとIIのディグリーでの用例だけでした。ポップスで使われる他のパターンをここで確認します。


III章で、マイナーセブンス・フラットファイブ、別名「ハーフディミニッシュ」のコードを紹介しました。

VIIøIII7VIm

「m7(-5)」という表記もありますが、「ø」一文字の方が便利なのでそちらを採用するという話でしたね。
この「7-3-6」の進行はすごくエモーショナルで、ポップスのバラードでは定番技ということでした。今回はこのハーフディミニッシュを、他のディグリーで使用することを考えます。

§1 他調のVIIを利用する

先ほどの「7-3-6」のフォーメーションは、かなり強烈なインパクトを持っています。もしこれをCメジャーキーじゃなくFメジャーキーでやると、コードとしては次のようになります。

実は、これをCメジャーキーにまるまる埋め込むことができるのです。だって、後ろのA7→Dmという流れは、おなじみ「二次ドミナント」ですものね。そこにもうひとつ加わっただけですから。

論より証拠。コード進行を作ってみます。

IIm7V7IIIøVI7IIm7IVmI

こんな感じ! 3つ目のコードに突入したときに、グッと深みがありますね。これはやっぱりマイナーセブンス(♭5)じゃないと出せない味です。

これが例えば、もうおなじみになっているIII7だとどんな感じでしょう?

IIm7V7III7VI7IIm7IVmI

聴き比べると、「深み」や「淀み」のようなものが足りなく感じられてしまいますね。今回の曲想ではちょっとイマイチ引き立っていません。それもそのはず、IIIm7からの変化の仕方をみると、III7は3rdが浮き上がり、今回のIIIøは5thが沈んでいるからです。

iiiコード群の比較

ご覧のとおり。だから、2つとも感情的なコードですが、表現したいものが違う。III7の方は「感情の高ぶり」、IIIøは「感情の沈み」なのです。こういった質感に敏感になることは、音と感情を繋げていく大事な過程ですよ。このコード進行はあまり知られておらず、用例も少ないですが、実はバラードなんかにはぴったりの進行です。

「心の瞳」の、「君だけが今で」のところにこのIIIøが登場します。とてもロマンティックで、心に訴えかけてくるものがありますよね。バラード系の「必殺技」のひとつとして持っておくとよいでしょう。

§2 根音省略形体

ここからちょっと面白い話。III章でやったV9の和音のルートを抜くと、そのコードは実はVIIøの和音になります。

V9からVIIø

Vに限らず、全てのドミナントナインスコードは、ルートを抜くことでハーフディミニッシュの和音へと早替わりします。だからII章で学んだ二次ドミナントのうちいくつかは、トランスフォームさせるとハーフディミニッシュ化することができます。

ハーフディミニッシュ化

このように、あるコードのルートを抜いた形のことを根音省略形体Rootless Chordといいます。
少し補足をすると、右端の子はファにシャープが付いてしまっているため、さほど使われません。それから、右から2番目の子は、ちょうど先ほど紹介したIIIøですね。このように解釈すると、この和音はIVへも進行できそうです。

左の2つ、すなわちIV♯øI♯øはポップスの定番で、それぞれII7VI7の代理としてよく用いられます。

こちらはメロがI/IIIIVΔ7IV♯øVという進行。ベースラインに注目すると、綺麗にミ→ファ→ファ→ソと半音ずつ流麗に上がっていくのが特徴。II7のままだとこうはいかないので、代理した甲斐ありといったところです。

§3 多義的なIVø

IVøは不思議な存在で、II7から生まれたとするとVへ進むのが普通のはず。しかし実際には、IVへ進むパターンも実に頻繁に用いられます。

こんな風にコード進行の頭に突っ込んで、IV6IVΔ7へと流れていくのです。

AKB48の10周年記念シングル、「君はメロディー」ではこのコードが大活躍しています。イントロのド頭一発目のコード進行がまずIV♯øIVIIIm7VI7なのです! ハーフディミニッシュが持つ「揺さぶり」の力を、のっけから駆使しているわけです。

それだけではありません。4:10と4:27のパートが移行する場面でも、頭にIV♯øが使われています。普通であればIVに流れるところですから、なかなかの裏切り、ドッキリ感があります。

まとめ
  • VIIやIIだけでなくIII,IVをルートにとったハーフディミニッシュもポップスの「必殺技」のひとつとして用いられます。
  • このような強烈なコードを使用する際には、編曲でのバランスが非常に重要になります。

Continue