テンションコード ❶

コード編 Ⅲ章:新しい名前
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。

セブンスコードよりもさらに複雑なサウンドを作り出すことができるようになるので、大人な雰囲気の音楽を作りたい時には避けて通れない知識といえます。第1回目の今回は、最も汎用性の高い「9thコード」を紹介します。


#1 テンションとは

コードの基本となる1・3・5度があり、セブンスコード・シックスコードで6度と7度が加わり、sus4とsus2で4度・2度の活用をしてきました。 これで1〜7度までは網羅できているわけですが、今回やる「テンションコード」はそのさらに外側へコードを広げていきます。つまり、コードのルート音から1オクターブより上に離れた音を追加することを考えるのです。

四和音の上へ

追加すると言っても、ドミソの音を足してもなんら意味はないですから、レ・ファ・ラ…つまり9度、11度、13度の音を足すことを考えます!!

テンション

このようにして、1オクターブより上に離れた9・11・13度の音をテンションノートTension Noteといい、テンションノートを付加したコードをテンションコードTension Chordといいます。 セブンスまでの1・3・5・7度と比べると複雑な響きがあり、ともすると不安定さ・不協和・緊張を生みます。それが「テンション」という名前の由来です。

#2 9thコード

9th

まず、各種セブンスコードの上にさらに長9度を乗せたコードを、ナインスコード9th Chordと言い、「7」の代わりに「9」をつけて表記します。 あるいはCM7(9)といった風に、右上に付記する表記もあります。この方が、セブンスコードが元になっていることがよく分かって、いいかもしれませんね。 MやmMといった部分の名付けは、セブンスコードの時の法則そのままでオッケーです。まずは左から順番に聴いてみましょう。

セブンスの時の性質は当然ながら色濃く残しています。その上に、何か鋭さのようなものが加わっていると感じるはずです。この「鋭さ」は、どのコードであれ、9thに共通するキャラクターです。

最も幅広く使われるのが、この9thコード。他のテンションがどうよりも先に、この9thの実践的な使い方を見ていきましょう。

#3 9thを使おう

先述のとおり、テンションコードは不協和を生む場合が多く、使いどころは難しい。そんな中、圧倒的に使いやすいのが、「長9度」を乗せた9thコードです。長9度の9thコードと他のテンションとでは、使用頻度や使いやすさに関して天と地ほどの差があります。まずはとにかくここからです。

基調和音の9thコード

「IIIm9」は、全音半音の位置関係が原因で、9thコードを作ろうとすると♯がつくことになります。この段階まで来ると、ファ♯くらい大した問題ではないのですが、とはいえ思いっきりファ♯を鳴らしてしまうと、調性が乱れてしまいます。メインメロディやコードのトップノート(一番高い音)には使わない方がいいでしょう。

配置

こういった「和音の配置」のことは、「配置」もしくは「Voicing」と言うんでしたね。テンションを上手く使うには、こういう配置の妙がポイントになってくることもしばしば。 さてでは、音源を聴いてみましょう!

セブンスコードの場合
{IVM7}{V7}{IM7}

こちらはもうおなじみになってきたであろう、7thコードの響きです。{IVM7}や{IM7}は優雅で美しく、まろやかな感じ。このピアノを9thに変えて、ヴァイオリンの旋律も9thを中心に組み立て直してみます・・・

9thコードの場合
IVM9V9IM9

まろやかな感じはなく、やはり鋭さというか、上昇気流というか、そういう感じがします。やっぱし、ルートのオクターブ上よりさらに全音一つぶん上ですからね、"高鳴り"が確実にあります。

また、本来持っているT・D・Sの安定感が乱されている感じもありますね。 {V}はドミナントぽさが少し削がれ、{I}もトニックぽさが少し削がれます。そうやって音が濁り、安定感が浮遊し、曖昧な領域に入っていけばいくほど、玄妙な音だと人間は感じるものです。

マイナーコードの9th

マイナーコードでも同じように使えます。

IIm9IIIm9VIm9Vm9I9

5/4拍子でジャズっぽくしたよ。せっかくなので、「パラレルマイナー」から{Vm}さん、「二次ドミナント」から{I7}さんも連れてきて、全部9thコードにしました。 ただただ9thを入れただけで、相当オトナな雰囲気になりましたね! このコード進行は、パラレルマイナーの時にも「ジャズ風の定番」として紹介したものでした。9thを積むことで、さらに大人っぽくなります。

楽譜

懸念であるIIIm9さんのファ♯ですが、先述のとおりに上手く"配置"することで、絶妙な響きになっているのがわかると思います。こういった「濁り」、「不純物」をどう活かすかというのがテンションの奥深さです。

特にマイナーコードにおいて、「鋭さ」から転じて「大人っぽさ」になるのが9thコード。東京事変なんかはこの9thの響きを大いに活用していることでおなじみです。

色々な場所に9thが散りばめられていますし、メロディの伸ばすところに9thがよく使われています。こんな風に、9thコードを上手く使うことで、これまでになかった複雑な響きを生み出せます!

#4 add9 または (9)

テンションコードは基本的にセブンスコードが元となります。しかし、あえて三和音の状態からテンションを付加する場合には、「add」という言葉を使います。

add

こんな風に、それぞれ構成音が違うわけですね。この辺りはかなりややこしい。特に、「add9」と「9」の違いですね。「C9」とか一見すると普通っぽく見えますが、「C7」と同じく臨時記号を伴う特殊コードです。

また、add9と同じ意味を持つ表現で(9)という書き方もあります。add9よりも短く、どことなく「ただ9を足すだけだよ」という感じも伝わるので、良い表記だと思います。

(9)という表記

上のように、C9のことをC7(9)と書くことを推奨する人もいます。確かにこの方が、II章で学んで既に慣れているセブンスコードの知識から繋げて考えられるので、分かりやすいかもしれません。

#5 sus2との違い

ところで、「9度」というのは1オクターブ縮めてしまえば「2度」であり、それなら「sus2」というコードを既にやりましたね。sus2と9thの違いはなんなのでしょうか?

これに対する回答としてはまず、sus2は「3度を変位させた」という原理上、3度の音が無くなっているという差異があるということが言えます。

比較
高さは基本的に関係なし

「2度と9度では1オクターブ違うから、そこで名前が決まるのでは?」と思ったかもしれませんが、それはあまり関係ありません。たとえばピアノ演奏の場合、手の大きさの都合から9thの音をオクターブ下に落として弾くことがよくありますが、それでもコードネームは一般に「9th」と判断されます。

add9の転回

稀にこの“密集した感じ”を明示するために「add2」と呼ぶこともありますがね。いずれにせよそれが核心ではない。

ニュアンスの問題

本当に肝要なのは、コードネームは「意味」が重要だということです。 sus2、sus4はあくまでも「吊った結果として生じた2度や4度で、普通の和音に戻る前提」というニュアンスがあります。対してテンションは「コードの響きを複雑にするために味つけとして上に盛られたもの」といったニュアンスです。

だから「Csus2」とあったら演奏者は「ここはあえてミを弾かないようにしているんだな!」と、意図的にミを避けて演奏しますし、「CM9」とあれば、「ここはドミソシにレを加えてきらびやかにするんだな!」と解釈できます。

コードネームは、意思伝達のための言葉でもある。そう考えるとよいでしょう。

そんなわけで、ポピュラー音楽の世界ではこの「9th」が使いこなせれば十分お釣りが来ます。これ以外のテンションは格段に使用頻度が落ちるため、Ⅳ章の方で紹介することにします。

この節のまとめ
  • 1オクターブより上に離れた音を添加したコードが「テンションコード」です。
  • 中でも「9thコード」はかなり使いやすく、オススメのコードです。
  • テンションは基本的に不協和を生むので、音の細かい配置が重要になってきます。
Continue