マイナーセブンス♭5

コード編 Ⅲ章:新しい名前
Information

今回は「新しいコードネームを知る」回です。

前回に引き続き、これまでに身につけてきたコードとセブンスコードを合体させて、さらに複雑なコードを作ります。

J-Popで定番の「必殺技」的な進行が多く紹介される回になります。


#1.♭5とセブンス

前回は♯5のコードをセブンス化していきましたが、♭5とセブンスにしても同様です。ソの音にぴこぴこフラットを付けていけばよろしい。

セブンス♭ファイブ

こちらも用法は限定的で、右から2番目のマイナーセブンス(♭5)以外は、ほぼ活用する場面がありません。

逆に言うと、マイナーセブンス(♭5)に限っては、なかなかコード理論界のエース的存在で、魅力的なサウンドをいくつも生み出してくれます。ですからこの記事では、このコード1つにスポットライトを当てていきます。

マイナーセブンス♭5のサウンド

マイナーフラットファイヴにセブンスの音を足したのが、マイナーセブンス♭5です。マイナーフラットファイヴ自体は、以前VIIm(-5)のコードと共に紹介しましたね。

VIIの用法

非常に強い不協和音という話でした。ちょっとやっぱり、サウンドが不安定すぎますよね。ですからここまでの話でお分かりのとおり、セブンスコードにすることで、不気味なキャラクターはキープしつつ、豊かなサウンドも確保することができるというわけです。

定番のパターンが3つありますので、解説していきます。

#2.VIIm7(♭5)

定番のひとつめはもちろん、先ほどのコードをセブンス化したVIIm7(-5)です。

VIIm7(♭5)

意外にも、臨時記号が全くないんですね。だからコードとして複雑な割には、自然に入れ込むことができます。

VIIの用法

やはり、単なるマイナーフラットファイヴよりもサウンドが厚く、聴きやすいです。不安定さとパワーのバランスが取れた感じがしますね。
マイナー・フラットファイヴを紹介した時はあえて黙っていましたが、このコード、こうやってセブンスの状態で使う方がずっと一般的なのです。

#3.IIIm7(♭5)

そんなわけで、先ほどの「7-3-6」のフォーメーションは、かなり強烈なインパクトを持っています。もしこれをCメジャーキーじゃなくFメジャーキーでやると、コードとしては次のようになります。

Fでの7-3-6

実は、これをCメジャーキーにまるまる埋め込むことができるのです。だって、後ろのA7→Dmという流れは、おなじみ「二次ドミナント」ですものね。そこにもうひとつ加わっただけですから。

論より証拠。コード進行を作ってみます。

IIm7V7IIIm7(-5)VI7IIm7IVmI

こんな感じ! 3つ目のコードに突入したときに、グッと深みがありますね。これはやっぱりマイナーセブンス(♭5)じゃないと出せない味です。

これが例えば、もうおなじみになっているIII7だとどんな感じでしょう?

IIm7V7III7VI7IIm7IVmI

聴き比べると、「深み」や「淀み」のようなものが足りなく感じられてしまいますね。今回の曲想ではちょっとイマイチ引き立っていません。

それもそのはず、IIIm7からの変化の仕方をみると、III73rdが浮き上がり、今回のIIIm7(-5)5thが沈んでいるからです。

iiiコード群の比較

ご覧のとおり。だから、2つとも感情的なコードですが、表現したいものが違う。III7の方は「感情の高ぶり」、IIIm7(-5)は「感情の沈み」なのです。こういった質感に敏感になることは、音と感情を繋げていく大事な過程ですよ。

このコード進行はあまり知られておらず、用例も少ないですが、実はバラードなんかにはぴったりの進行です。

「心の瞳」の、「君だけが今で」のところにこのIIIm7(-5)が登場します。とてもロマンティックで、心に訴えかけてくるものがありますよね。バラード系の「必殺技」のひとつとして持っておくとよいでしょう。

#4.IIm7(♭5)

三つ目のマイナーセブンス(♭5)は、また別の由来から持ち込まれるコードで、それがIIm7の代わりとして使えるIIm7(♭5)です。

IIm7-5

これは、「パラレルマイナー」のときにちょっとだけ登場して、でも♭5がついてるからまた今度ねということで解説されなかったやつでした。

再会

ここへ来てまたも再会です。さてコードトーンをみると、♮ラが♭ラに変わっていますので、キャラクターとしてはIVmに近いところがあります。切なさを生むんですね。曲を聴いてみましょう。

IVM7IIIm7IIm7V7I
IVM7IIIm7IIm7(-5)V7I

上は普通に4-3-2-5-1の進行を弾いただけのもの。対して下は、IIm7のところがIIm7(♭5)に変わっています。まさにサブドミナントマイナー的な哀愁が生み出されています。
先ほど紹介した2つと比べるとあまり大げさでないですし、シンプルにIImと置き換えて使えるわけですから、けっこうカジュアルに使えます。

#5.IVm7(♭5)

ラストがIVm7(-5)です。こちらもシャープが一個ついているだけですから、二次ドミナントくらいの感覚でサクっと使えます。

IV♯m7(♭5)

コードネームはすごく複雑ですけど、構成音を見ると、ご覧のとおり、IVM7のルートを半音上げただけですね。

IVM7との比較

ですので、IV系のコードと絡めて使うことが多く、進行先はほぼIVVのどちらかです。IVであれば滑らかな下降、Vであれば滑らかな上行を生み出すことになります。

IV♯m7(-5)

こんな風にフレーズの頭に突っ込んで、IV6IVM7へと流れていくのが基本です。音の変化が少ないので、自然に流れて聞こえます。不安定な和音なので、これもかなり感情を揺さぶる系の響きがしますね。

実際の例

サビですね。1周目は普通にIVM7IVmM7IIIm7IIIM7という風に、II章でやった「パラレルマイナーコード」を駆使した進行で進んでいきます。
しかし2周目「それは些細」のところは、IVm7(-5)IVM7IIIm7IIIM7と、コードが微妙に変わっているのです!

この曲のように、1周目はわりと定番の進行で進んでおきながら、2周目の頭でガツンとインパクトを出すというのが、最も典型的な使い方です。

こちらはロックな例。I/IIIIVM7IVm7(-5)Vという進行です。この妙に浮遊した感じが、このコードの特色です。

ファ♯という点では、やっぱり二次ドミナントのII7に近いキャラクターがありますね。


こちらはAKB48の10周年記念シングル。イントロのド頭一発目のコード進行が以下のようになっています。

IVm7(-5)IVIIIm7VI7

かなり攻めてますね。10周年ということでファンの想いもひとしお。それに応えるべく、イントロから特殊なコードを2個も放り込んでいます。
また、4:10と4:30のパートが移行する場面でも、頭にIVm7(-5)が使われていて、ココは地味に面白いです。普通であればIVに流れるところですから、なかなかの裏切り、ドッキリ感があります。

ご覧のとおり、マイナーセブンスフラットファイブのコードたちは、いずれも強烈なインパクトを持っています。しかもこれらは、理論を学ばずセンスだけでやっている人には閃きづらい領域のコードですから、こういったコードをマスターすることは、他の人たちに差をつけられる強みになるでしょう。

#6.サウンドへの理解度を深める

もちろんこれらのコードも全て、セブンスコードにしなくたって同様の効果を得ることはできるのですが、やはりセブンスの方が圧倒的にオススメ。理由のひとつは前回も述べたとおり「サウンドに厚みが確保できるから」というのがありますが、特にマイナーセブンスフラットファイブの場合にはもうひとつ、「基調和音とトーンが似て馴染みやすくなる」という側面もあります。

m7♭5

セブンスとして加わる音は、いずれもキー本来の音階の音です。これが加わることによって、「異分子」としての強烈なトーンが中和されて、より安定したサウンドが得られるのです。
メロディ編Ⅱ章でも「シェル」という概念を紹介しましたが、こうやってレベルが上がってくると、編曲の際にコードの各トーンがどのようなバランスで演奏されるかを意識することが大事ですね。

特にマイナーセブンスフラットファイブは、ルートの音とフラットファイブの音とでトライトーンが生じますから、扱いには注意が必要です。

TT

この不協和をどれくらい押し出すかで、サウンドの不安定さが決まります。編曲の際にはインパクトが強すぎぬよう、3rdと7thの音を多く使うのが一般的。特にメロディや伴奏のトップノートは、位置どりに気をつけるべきです。

こちらが、バランス崩壊しているパターン。冒頭のIVm7(♭5)でメロディはルートのファ、中盤のIIIm7(♭5)でメロディはトライトーンのシなど、曲想を揺らすトーンを選びまくった結果、揺れすぎてサウンドがグラグラです。

コードに♯や♭がつくたびそれに付き合わされているような感じで、落ち着きがなく、いかにも「コード理論を勉強して難しいコード進行は作れるようになったけど、そこに歌心のあるメロを乗せる技量のなかった人が作った」というのが見え見え。めちゃくちゃダサいです。

こちらがちゃんと3rdや7thの音で作ったパターン。ちゃんとスパイスをスパイスとして正しいバランスで盛り込めています。センスのいい人は、言われなくてもこういう場面でいいものを選びとりますね。そういうセンス任せの部分を確実にフォローしてくれるのが、音楽理論というわけです。

総括
  • ♭5は、マイナーセブンスと組み合わせる以外はあまり使われません。
  • VII,II,III,IVをルートにとったマイナーセブンスフラットファイブには、それぞれ定番の用法があり、いずれもインパクトがあります。
  • このような強烈なコードを使用する際には、編曲でのバランスが非常に重要になります。

Continue