Rob Papen RAW

(1 件のレビュー)

歪んだベース、Wobbleに特化したシンセ

$149.00

説明

公式サイトよりRAWは2基のオシレーターを持ち、フェイズディストーションで歪ませることができます。さらには、自分で2つ波形を描くことができ、それをLFOとして使用しユニークな”Wobble”の動きを作ることができます。

ディストーションとWobbleの機能に特化したシンセ。とにかく歪んでウネウネ動くベースサウンドを主軸に据え、その作りやすさのためにUIを設計したようなベース特化シンセです。ライバルはSugarbytes Cyclopでしょう。

非公式デモ動画

サンプルが次々と聴けます。

レビュー (1件)

  1. G.G. Maeda

    G.G. Maeda

    まず、なんと言っても使えるプリセットが多いです。プリセットをいじっているだけでも十分使えます。

    自分は音作り苦手だと思う方も、RAW Control(オシレーターについてるXYスクリーンの部分)と元の波形をいじるだけでも個性のあるエグい音ができるのでおすすめです。

    また、前述のRAW Controlを使うと、オシレーターの”波形そのもの”にディストーションをかけることができます。その上普通の後掛けディストーションも内蔵されているので、歪みサウンドなら右に出るシンセはないでしょう。1から音を作る人は、この2つのディストーションをうまく使えるかどうかで、使用価値が大分変わってくると思います。

    ちなみに購入前にRob Papenに「学割はありますか?」というメールを送ると50%OFFの学割がもらえました(2018年購入)。

レビューを追加する